整形外科リハビリテーション学会
By 整形外科リハビリテーション学会 事務局 Follow | Public

整形外科リハビリテーション学会の前身である整形外科リハビリテーション研究会が前代表理事、林典雄先生の掛け声で産声を上げたのは1991年でした。

学会の責任の一つは学問としてのリハビリテーションを示すことだと考えます。基礎医学に基づき、基本技術に忠実に、そして創造的に治療を行い、今後もその経過と結果についての検討を行うことを活動の中心にしていきます。

責任のもう一つは教育です。誰もが参加しやすい、参加が実力につながる、そして将来のリーダーに結び付く教育を提供すべきと考えます。若い会員の基礎を固めると共に、キャリアのある会員が未知の領域に挑戦できるような教育システムを構築していきます。

整形外科リハビリテーションの領域には課題はたくさんあり、また学会の中にも成長すべき点がいくつもあります。会員の皆さまや本学会と関係する方々のご支援とご鞭撻をいただきますよう、心からお願い申し上げます。