大阪臨床整形外科医会療法士会
By 大阪臨床整形外科医会療法士会 Follow | Public

■ご案内
大阪臨床整形外科医会療法士会は平成23年7月に大阪臨床整形外科医会執行部、療法士会担当委員会と協議の会をもち、同年8月に13名の理学療法士・作業療法士により発足いたしました。
大阪臨床整形外科医会と連携し、会員相互の親睦、会員の知識・技術の向上を図り、質の高い運動器リハビリテーションの発展と普及を設立目的にしております。

■会長 ご挨拶と報告
 このたび、大阪臨床整形外科医会療法士会会長に就任致しました福田孝治です。
本会は平成23年8月に大阪臨床整形外科医会と連携し、会員相互の親睦、会員の知識・技術の向上を図り、質の高い運動器リハビリテーションの発展と普及を目的に設立され本年で8年目を迎えます。
 近年、「人生100年時代」・「健康寿命」という言葉が叫ばれており、地域包括ケアシステムなどリハビリテーション分野におきましても地域リハビリテーションの重要性が増してきています。住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けていくことができるよう理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がその知識、技術、ネットワークを駆使して地域の生活を支援できるようにしていきたいと考えております。
主な内容と致しまして、診療所・クリニックなど外来診療における知識を得るための勉強会や技術を身につける講習会、医師を交えた研修会などを開催しており、質の高い運動器リハビリテーションを提供できるよう活動を行っていきます。また地域の方々が質の高い運動器リハビリテーションが受けられるよう外来リハビリテーション検索サイトの構築や養成校と連携し、人材の確保や療法士の卒後教育などにも尽力していければと考えます。
これら事業の先頭に立ち役員と本会の発展のために何卒、ご理解ならびにご協力の程、宜しくお願い申し上げます。