TORYUMON
By Keisuke Ota Follow | Public

政治への道に、多様性を。


登竜門は政治家志望の若者と若手議員のコミュニティです。
将来的に政治家を目指している若者とそれを応援する若手政治家の出会いの場を作り、政治家になるためのプロセスや選挙に向けてのアプローチを学んでいきます。

現状で若者が政治家を目指す場合、選挙に出るにあたって必要な情報を得るためには
1、政治家の秘書になる(インターン含む)
2、政党に入る
の2つが一般的な手法となっています。

しかし、どちらも政治家・政党の思想や影響を受けるため、当選後の自分の方向性と乖離が発生する可能性があります。

また、地域の為に立候補を検討している若者にとってこれらの選択肢がベストとは限りません。

その一方で、選挙に出馬して当選するためのノウハウは一般には出回っておらずブラックボックス化しています。

政治家への道を多様化させていき、より多くの若者が政治の世界にチャレンジできる環境を構築していきたいと考えるメンバーで登竜門が設立されました。

日本の人口構成の約4割は39歳未満で占められていますが、その代弁者たる若手議員は全国で約2万人存在する地方議員のうち、僅か1%に過ぎません。登竜門は選挙というクローズドな世界の情報をオープンにしていき、より多くの若手議員を輩出していくべきだと考える超党派の若手議員(無所属も含む)で構成されています。

この少子高齢化社会の中で若者同士が対立している余裕はありません。若者の意見が政治に反映される社会を構築にするために積極的に自身の選挙ノウハウを提供し、党派を超えたコミュニティとして機能することで、「若者の当選確率の最大化」を図っていきたいと思います。
登竜門では交流会や勉強会を行い、本気で政治家を目指していないと興味を持たない疑問に若手政治家がアドバイスしていきます。ます。


例えばこんな疑問を解消していきます。
「立候補までに必要な準備は?立候補の表明はどうする?」
「政党公認・推薦と無所属のメリット/デメリットは?」
「政策立案はどこまでやれば良い?作ったけどこれで良い??」
「後援会ってどう作る?後援会長は誰が良い?」
「選挙運動期間中のボランティアの手配はどうしてる?」
「当選直後はどのような立ち振る舞いが求められる?」

現在、全国各地で交流会や勉強会を定期開催しています。
地域や社会をより良くするために政治家という道を選んでいきたい。という方のご参加をお待ちしております。