描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
By 村上英範 Follow | Public

●新しい商品企画はお客様に喜んでもらえるかな?

●どうすれば価値をメンバーに伝えられるかな?

●人生100年時代。給料も増えない。汗
 この働き方を続けて、自分の人生は楽しいのかな?

●職場ではずっと同じ職種だけど…
 自分のスキルを棚卸し、可視化し、俯瞰できれば、
 仕事以外でオモシロい活動ができるかもしれない!?

2年前の私はこんな"不安"を抱えていました。


あなたも、このような心配はございませんか?


そんな際に1年半前に出会ったのが
「ビジネスモデルキャンバス」でした。

この「ビジネスモデルキャンバス」を学んだことで
嘘のように霧が晴れ、自分自身で物事を考えながら
日々を邁進できるようになりました。



◆「ビジネスモデルキャンバス」を体験してみませんか?

おすすめは私のような願望をお持ちの方です。

○スタートアップしたい!

○新事業や新製品を企画したい!

○自分だからこそできるイベントをつくりたい!

○働くステージやキャリアビジョンを再考したい!

○流行の分析やニュースの構造を把握したい!

○チームでビジネスモデルキャンバスを描きたい!

○最近よく耳にするので気になっていた。
 興味あり!体感してみたい!


いろいろな場面で活用できるメソッド。
それが「ビジネスモデルキャンバス」です。



◆「ビジネスモデルキャンバス」って何?

定義は、
" どのように価値を創造し、
 顧客に届けるかを論理的に
 かつ構造的に記述するための
 フレームワーク "
です。

あなたのアイデアや価値を見える化し、
俯瞰し、人とのつながりを構築し
未来のあなたを創造することができます。

このキャンバスを使って話せば
使命や価値観の共有が促進します。

このフレームワークは
9つ経営者視点で表現されます。

・キーパートナー(KP)
・主要活動(KA)
・リソース(KR)
・価値提案(VP)
・顧客との関係(CR)
・チャネル(CH)
・顧客セグメント(CS)
・コスト構造(C$)
・収益の流れ(R$)

見た目の通り、非常にシンプルなカタチです。

洗練されたシンプルさゆえに
直感的に分かり、かつ、とても奥が深いので
冒頭に述べましたように
あなた次第で応用できる範囲がどんどん広がります。



◆直感的に学び、実用性を体感

「でも、経営者視点でしょ?
 わたしに出来るの~?」
と感じた方も、ご安心ください。

とてもシンプルなフレームワークです。
一緒に描いてみると
おもしろさと実用性を体感いただけます。


ご関心がある方は、お気軽にご参加ください。
お待ちしております。



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

講師プロフィール

村上 英範 (むらかみ ひでのり)

BMIA協会認定ジュニアコンサルタント
レゾナンスリーディング社認定レゾナンスファシリテーター
Read For Action認定リーディングファシリテーター
サイエンスファシリテーター

メーカー勤務のエンジニア。新事業の開発プロジェクトリーダー。相互研鑽を目的に社内勉強会を3年間推進、読書クラブを運営し1年で100冊の書評を記した。2016年から社外での技術セミナー講師も務める。

第3子誕生時の育休体験を機に心から家族に寄り添えようになる。父親としての成長を志し、年間250冊のレゾナンスリーディングで自身を鍛える。リビングで学ぶ姿を見た子ども達も自然と本が好きになり、共に学習する環境が生まれる。科学に夢中になった長男と切磋琢磨するなかで、高校時代は大の苦手であった科学の楽しさに気付き、サイエンスファシリテーターとして活動をスタートする。科学やテクノロジーの本を中心に読書会を主催し、34回で延べ200名を動員。伊丹市の科学館にて読書会型ワークショップでスタッフ研修、神戸の科学館では大人と子どもが"共に"宇宙を学ぶ読書会を開催。小3の長男も自身のイベントに参加するようになり、親子で未来を創り始める。

仕事と家庭とパラレルキャリアを並立。
親と子と科学をむすび、未来を創る活動を行っている。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●