法政大学 江戸東京研究センター
By EToS 江戸東京研究センター Follow | Public

日本が成熟社会を迎えた1980年代、東京でもこの都市の個性、文化的アイデンティティを求める気運とともに、江戸東京の歴史への関心が高まり、「江戸東京学」が生れ、広がりを見せました。
海外の人々も、それまでの世界の都市モデルとされてきた西洋の都市とは異なる独特の姿、仕組みをもち、ポストモダンの価値観とも合致する東京に、大きな関心を向け始めたのでした。
その後、日本は人口減少、高齢化社会の状況を迎え、従来の高度成長型の開発志向の強い都市の在り方に関しては、価値観の大きな転換が必要となってきました。
そして今、益々強まるグローバリゼーションの進展に対し固有の文化力を発揮するためにも、また、大きな課題である持続可能な地球社会を実現するためにも、江戸を下敷きにする独自の歴史に裏打ちされた東京らしい都市の近未来像を描くことが求められていえます。
こうした状況の下、江戸東京研究の先端的・学際的拠点として、法政大学に「江戸東京研究センター」が設立されました。本学には、日本文化の特質に関し国際的共同研究を積み重ねてきた「国際日本学研究所」と、東京の都市の特徴を歴史とエコロジーの立場から国際的に比較研究してきた「エコ地域デザイン研究センター」によるこの分野の大きな研究蓄積があります。その2つの研究組織が協同し、「江戸東京研究センター」が誕生したのです。1980年代に生れ、やや停滞気味だった従来の「江戸東京学」を現代的視点で乗り越え、都市東京のユニークな特質を生み出す基層構造をハードとソフトの両面から解き明し、西洋型の都市モデルとは異なる21世紀に相応しい都市の在り方を研究していきます。
「江戸東京研究センター」の設立を記念して開催されるこの国際シンポジウムでは、国内外の様々な分野の専門家・論客とともに、江戸東京の歴史から学び、そこに蓄積された知恵、資産の価値を新たな視点で掘り起こし、日本発の近未来都市像を描き出すことを目指します。
陣内秀信(江戸東京研究センター センター長)