まちのマイクロシアター
By 大場唯央 Follow | Public

まちを見ると

小さな映画館が減っていく中
 
シネコンばかりが増えていく
 
 
 

映画を見たあと
 
そのまま帰路につく、、、
 
 

  
なんか勿体ない
  
  

 
映画を見た「その時」に
 
思ったこと、感じたこと、ひっかかったこと

共有する時間があったらいいのになぁ
   
 
 

小さな上映会だからこそできる

シェアリングタイム 
 
 

 
  
 
映画は僕らに気づきを与え
 
シェアリングタイムは共感力を高めていく 
   

 
『まちのマイクロシアター』 
  
4会場ではじまります。


【寺シネマ】
会  場:大慶寺|DKG(藤枝市藤枝4-2-7)
ファシリ:大慶寺副住職 大場唯央
開催日 :平日夜(毎月23日前後/毎月1回)

 

【山シネマ】
会  場:ゆるびく村・aima(藤枝市瀬戸ノ谷5639)
ファシリ:茶ゐ屋hathidori sumi
開  催:土日夜(不定期/毎月1回以上)

【池シネマ】
会  場:おむすびごはん家 むすひ
ファシリ:miki yumiko
開  催:平日昼(毎月23日前後)


【駅シネマ】
会  場:NODE(藤枝市前島1-4-8) 
ファシリ:低糖質おやつとコーヒーLocco 畑山大介・響子 
 
※池シネマは不定期で始まります
 
 
*******************
 
Ground Rules
 
*******************
 
まちのマイクロシアター運営に当たって

シェアリングタイムのグラウンドルールを設定しました

|1、感じた事を素直に話す|
『こんなこと言ったら嫌われるかナー、変な人に見られるかナー』etc
シェアリングタイムでは周りの目を気にせずに、自分が感じた事を素直にアウトプットしましょう。
  
 
|2、ここは安心安全の場|
会場を出た後は「あの人あんな事言ってたねー」ということがないようにシェアリングタイムで消化しましょう。
シェアリングタイムでのそれぞれの発言は他言しないようにしましょう。
 
 
|3、付け足し大歓迎|
どなたかが発言した言葉に、引っかかったり、付け足したい場合は遠慮せずにどんどん付け足していきましょう。
ただし、「口は1つで耳は2つ」しゃべりすぎないで聞くことも大切です。
 
 
|4、答えの提示ではなく問いの共有|
映画を鑑賞し、すぐになにかの課題解決法を見つけるのではなく「問い」をみんなで共有することに重きを置きましょう。
 
 
|5、制作者のバイアスを引き算する。|
ドキュメンタリー映画には必ず制作者の意図があります。
映画をそのまま鵜呑みにするのではなく、
自分とは違った視座からの気づきを得る手段として鑑賞しましょう。
 
 
 
**********************
全体統括

一般社団法人SACLABO