禁煙推進企業コンソーシアム
By 米田哲郎 Follow | Public

禁煙促進の動き
平成28年度の厚生労働省「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」では、日本人の年間死亡者は、能動喫煙によって約13 万人、受動喫煙によって約1 万5 千人(肺がん、虚血性心疾患、および脳卒中による死亡)と推計されていると報告されており、禁煙は最も基本的かつ効果的な対策であると考えられています。また、東京都では、都民の健康促進の観点から、そして2020年の東京五輪に向け、受動喫煙防止対策を推進していくため、「東京都受動喫煙防止条例」を制定しました。

本コンソーシアムはこれらの背景を踏まえ、「社内禁煙の推進」に特化し、参加企業は、2018年3月に閣議決定された「がん対策推進基本計画(第3期)」で目標としている2022年度の喫煙率12%について、社内で達成することを共通の目標とし、より健康的な企業を目指しております