リベルの読書会
By リベル Follow | Public

仕事や家庭からは少し離れた“自分のための”時間、「サードタイム」となれることを目指しています。自分のための時間ですので、時間が空いたり気が向いたりした時に来ていただければと思います。

Announcements
  • 2020/10/30

    〈週末の読書会のお知らせ(10/31,11/1)〉  今週末は土曜日は読みたい本を気ままに読む読書会、日曜日はリベルの短編本『社会関係という土作り』を使う読書会です。  『社会関係という土作り』とは少し不思議なタイトルなので説明させてください。この短編本は、社会... read more 〈週末の読書会のお知らせ(10/31,11/1)〉  今週末は土曜日は読みたい本を気ままに読む読書会、日曜日はリベルの短編本『社会関係という土作り』を使う読書会です。  『社会関係という土作り』とは少し不思議なタイトルなので説明させてください。この短編本は、社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)という概念をもとにテーマを設定し作成しました。社会関係資本とは、社会に対する信頼・社会的ルールに対する個々の意識の深さ・人のつながりなどを指すものです。短編本の中では、信頼・規範・ネットワークと紹介しています。これらが厚い社会やコミュニティは、安全や安心が自然と守られるため、経済的なコストをかけずに良い社会が成立するとされています。「土作り」とタイトルに入れたのは、信頼・規範・ネットワークの蓄積が、一朝一夕にいくものでも、効率化を図れるものでもないと感じたからです。地道にコツコツというイメージを強く抱きました。  信頼・規範・ネットワークを地道にコツコツとは、少し面倒な印象を持ちますが、経済資本とは質的に異なる恩恵を個人は受けることができると考えています。そこでこの短編本では社会関係資本とはどのようなもので、どのような恩恵を受けられるのか、噛み砕いて考えてみました。作成する中で意識したことは、社会関係資本は「社会にとっていいもの」という社会目線で語られることが多いのですが、それではあまりイメージを持ちにくいのではないかと感じていました。そこで、「個人にとっていいもの」という個人目線で考えることを意識しました。言われてみれば当たり前に大事に思える社会関係資本なのですが、目に見えないがためにないがしろにしてしまいやすいと感じています。改めて確認するような気持ちで読んで考えてみていただければと思っています。  読書会の詳しくは、以下のイベントページをご覧ください。 ■10月31日(土) 読みたい本を気ままに読む読書会 ・午前10:00〜11:30 ・各々が読みたい本を持ってきてその場で読む読書会です ・本のジャンルは小説・ビジネス書・人文書、実用書・理論書などなど、自由です Facebook:https://www.facebook.com/events/1722932097861976 Peatix:http://ptix.at/EiWFH7 ■11月1日(日) リベルの短編本『社会関係という土作り』を使う読書会 ・午前10:00〜11:30 ・リベルの短編本を使う読書会です(短編本URL:https://liber.community/social-soil/) ・今回は文章が少し多い(新書の約47ページ分、約23500字)ので、事前に少し読んできていただくことをおすすめします Facebook:https://www.facebook.com/events/420026065654860 Peatix:http://ptix.at/9CiR7z  来週は、土日ともに読みたい本を気ままに読む読書会を予定しています。  それでは、お待ちしています。 (吉田) show less

Comments