みんなで作る! デザインアーカイブ
By Yasuko NATSUME Follow | Public

福岡在住のインテリアデザイナー、永井敬二さんをご存知でしょうか?

永井さんは、半世紀以上にわたって、本業の傍ら、モダンデザインの貴重なピースを蒐集してきました。
自身の審美眼を通じて集められたコレクションの数々は、椅子1,000種類以上、モノや書籍についてはその数は把握しきれていません。

現在、膨大な数のものたちは、永井さんの自宅と2つの倉庫にぎっしりと山積みになって、ただ眠っています。
同時に貴重なのが、すべてのものに関する永井氏自身の 無尽蔵の 「記憶」です。
ものを探し各国を旅した体験、そこで築いた人々とのネットワーク、ものづくりのプロセスを見て考えてきたこと など。記憶は無形の「コレクション」です。

そこには、デザイナーのみならず、家具メーカー、インポーター、リテーラー、といった、デザインのプラットフォームを築き上げた人々との興味深いエピソードが詰まっています。
60年代以降の日本でモダンデザインがどのように人々の生活に溶け込んでいったのか、
私たちが聞き取り記録していかなければ失われてしまう歴史です。

モノに限らず、そこにまつわる記憶をアーカイブ化すること。
これは私たちの好奇心を満たしてくれると同時に、 知的財産を次世代へ継承することに他なりません。