HEAD研究会不動産マネジメントTF
By HEAD研究会 Follow | Public

―日本の賃貸住宅を安心・自由と愛あるかたちに
住まいのかたちは自分でつくる時代=DIY の時代に賃貸住宅はいかにしてついていくべきでし
ょう。ある程度築年数の経った、競争力の落ちている物件も入居者が自分で DIY をする
DIY 型賃貸借を取り入れることで、人気が高くなり、かつ経費をかけずに貸すことができます。
興味はあるが不安もある、賃貸オーナー、管理会社と、借り手の自由を仲立ちする、安全と
安心の前提を共有するのがこの「賃貸 DIY ガイドライン ver.1.0」です。
契約時にこの内容(フローチャート)を貸し手と借り手が確認することで、DIY のどこに気を
付けていけば、安全、安心かつ楽しい暮らしをつくっていけるのかがわかるように作られました。
作成した、HEAD 研究会不動産マネジメントタスクフォースのチームが、その内容と利用法、
また実際のケーススタディを紹介いたします。

登壇者

● HEAD研究会不動産マネジメントTF
HEAD研究会リノベーションTF
谷 尚子 氏((株)ハウスメイトパートナーズ)
● 新堀 学 氏(新堀アトリエ一級建築士事務所)

● 宮部 浩幸 氏((株)SPEAC・東京R不動産)

● 佐久間 悠 氏((株)建築再構企画)

● 池本 洋一 氏((株)リクルート住まいカンパニー)

● 橋本 樹宜 氏(協永ソフトエンジニアリング(株))