アートをもっと身近に感じられる対話 ー おしゃべりギャラリー鑑賞会 ー
By アートコミュニケーション「ランドリー」 Follow | Public

アート対話の場は、アートやアートギャラリーをより身近で気軽に楽しめるようになるだけではなく
対話を通じて相手の価値観を否定も過度な肯定もせずに認めあえる場でもあります。
作品を見て・感じて・話す言葉 は個人の考え方や個性ともつがっていて、
多様な解釈ができるアートだからこそ
「 お互いが当たり前に生きている同じようで違う世界」 を、自然と理解できるきっかけとなります。
鑑賞者みなさんがそれぞれに何かを感じるからこそ初めて表現となるアート作品。
アートが持ち合わせている自由な表現を受け止める力を介して、対話の時間を一緒に楽しく過ごしてみませんか?


-------------------------------------------------------------------------


 ◎ 対話型鑑賞って・・・?

 1980年代にニューヨーク近代美術館(MoMA)で教育学者ジャン・ピアジェの構成主義を元に開発された
 アート作品を見て素直に感じたことをおしゃべりする「対話型鑑賞」。
 解説を一方的に聞くのとは違いそれぞれがすでに潜在している
 「見る力」「言葉にする力」「聞く力」をフル活用します。
 単にアートを楽しく感じられるようになるだけではなく、それぞれの感じ方の違いを共有することで、
 自然と様々な価値観を受けとめる多様性や、答えのない問いを考え続ける思考力、
 発言を通じて自己肯定感を高める効果もあり
 コミュニケーションの面においても学校教育の場や企業研修でも近年、積極的に取り入れられています。