私は自分の子どもが大好き大賞
By わたこど 私は自分の子どもが大好き大賞 Follow | Public

【基本理念】
子どもが親から愛され
自分のことが大好きになることで
社会に貢献できる幸せな大人に育てる

【ビジョン】
日本の子どもの自己肯定感を
世界一にする

【コンセプト】
親から子へ“言葉”を通して
愛を伝えるスピーチイベント

【スピーチ登壇者】
中学生(15歳)以下のお子様をお持ちの方。

【イベント参加/スピーカー応募方法】
当イベントページより後日公開予定。
決まり次第お知らせいたします。

【こんな方に来ていただきたい♬です】
◎現在子育て中の方(母親、父親、祖父、祖母)
◎子育ては卒業したが、大人になった我が子に想いを伝えたい方
◎将来子どもが欲しい方(学生、恋人、夫婦、妊娠中の方)
◎子どもはいないけれど、子どものために貢献したい方
◎保育や教育など、子どもに関わる職業の方
◎子育てで悩んでいる方
◎親子関係で悩んでいる方
◎夫婦関係で悩んでいる方
◎日本の子育て環境を良くしていきたい方
◎子どもへの熱い想いをお持ちの方なら誰でも
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回大会開催情報

【開催日時】
開催日 2019年5月12日(日)12時30分〜16時

【会場】
新宿文化センター 小ホール

【定員】
210名
 
【アクセス】
〒160-0022 新宿区新宿6-14-1
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/facilities/2nd-hall/
・東京メトロ副都心線/都営大江戸線 東新宿駅A3出口より徒歩5分
・東京メトロ丸ノ内線/副都心線 新宿三丁目駅 E1出口より徒歩7分


「私は自分の子どもが大好き大賞」に関するお問合せ

メール:watakodo.info@gmail.com
(わたこど事務局宛)

理事:織田弦(イベント発起人/代表)
桑原眞人(実行委員長/理事)
濱田かおり(理事)


〜〜このイベントへの想い〜〜

日本の子どもの自己肯定感(自分は価値がある存在と認めている状態)は、他国と比較して3分の1以下と、大変低い結果が出ています。
※「わが国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成25年度に内閣府 調査)」より

原因は何でしょうか?

子どもが悪いのでしょうか?

親の育て方が悪いのでしょうか?

私は子育て講師として約4年間、また新たに子育ての学校の学長として全国で活動しています。
■子育ての学校ページ↓
https://www.facebook.com/kosodate.school/

今まで約2000組以上の子育て中の家族と関わってきました。
その中で感じた原因は1つ。

『親から子どもへ愛情が伝わっていない』

親子なんだから愛してるに決まってるでしょ。
言わなくても分かってるはず。

という「当たり前」の愛や、

言うこと聞いたら愛してあげる。
テストで良い点数取ったら愛してあげる。

という「条件付き」の愛。

仕事や家事育児に追われて、いつしか愛を伝えることを忘れてしまっているのが現状です。

「生まれてきてくれてありがとう」

その無条件の愛を言葉にして伝えることで、子どもは愛を受け取れるのではないでしょうか。

さらに少子高齢化で核家族や介護の家庭が増えたことで、親の力だけで自分の子どもを育てることは難しくなりました。
これからは子どもがいる、いないに関わらず全ての大人が協力し、社会の親となって子どもを育てることが必要です。

このイベントを通して社会の親として子どもに愛を伝え、子どもたちの幸せな未来を実現しましょう!!

そして何年先、何十年先か、日本の子どもの自己肯定感が世界一になった時、このイベントは終わります。
一日も早くその日が迎えられるよう、毎年続けていきます!