国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所、WFP 国連世界食糧計画日本事務所、国際移住機関(IOM)駐日事務所
By FAOJapan Follow | Public

毎年10月16日は国連が定めた「世界食料デー」です。今年の食料デーのテーマは「移住と食料安全保障」です。近年、世界的な人の移動(移住)が加速。移住労働者・難民を始めとして、国境を越えるもの、国内移住を合わせて、約10億人(約7人に1人)が本来の居住地から離れて生活しています。その大きな原因となっているのが、飢餓や貧困、社会的・経済的格差の拡大、気候変動、紛争などです。安全とよりよい生活・機会を求めて、移住をせざるを得ない人々が増えているのです。このシンポジウムでは、移住の現状や背景、その影響について知るとともに、移住が生きていくための唯一の選択肢とならないよう、根本原因ともなる貧困や飢餓、失業、環境悪化などの解消に働きかける支援活動や持続可能な農村開発などについても紹介します。