まずは睡眠薬の眠れる仕組みについてお話をしたいと思います
By fqaeropuoi Follow | Public

というか睡眠薬とは?

まずは睡眠薬の眠れる仕組みについてお話をしたいと思います。

「なんだか面倒くさい話だな~ぁ」

そのように思うかもしれませんが、この睡眠薬の効果と、勃起不全が関係するために、できるだけ深く説明をしていきたいと思います。

眠れない悩みを改善させるために睡眠薬を利用する人がいます。

睡眠薬に一般的に2種類のタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。
2種の睡眠薬類

バルビツール酸系
ベンゾジアゼピン系

バルビツール酸系

バルビツール酸系は覚醒系や中枢神経全般に効くため、眠りやすくしたり、不安や緊張を鎮めたりします。

特に、バルビツール酸系は効果が強く現れるために、広く処方されていました。

しかし、効果が強い反面、副作用も強いために、シアリス 通販安全性の低さ問題とされ、現在は国内の精神科などでは処方されないケースが多いです。
ベンゾジアゼピン系

それに対して、安全性が高いのがベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用として、脳の一部を抑制する働きがあるために、自然に近い形で深い睡眠をとることができます。

現在のところ、病院で最も多く処方されてい睡眠薬がベンゾジアゼピン系です。
不眠症で睡眠薬を服用すると効くワケ

布団に入ってもぐっすりとした睡眠が取れないのは、脳が興奮していることが関係しています。

不眠に悩まされている方なら、本やネットでこのような情報を一度は見たことがあるはずです。
一度は耳にしたことがあるはず

寝る前に、テレビを見てはいけない
寝る前に、ゲームをしてはいけない
寝る前に、激しい音楽は聞いてはいけない
寝る前に、難しい本を読んではいけない
寝る前に、難しいことを考えてはいけない

これらは脳の一部である中枢神経系が過剰に興奮状態になるからです。

そのため、興奮した状態を持続していると、眠りたくても深い眠りに入ることが難しくなります。

そこで、不眠症の薬ベンゾジアゼピン系の作用になります。

この薬は、脳内のGABA(GABA受容体)威哥王と結合することで、中枢神経の過剰な興奮を抑える作用があります。
GABAとは?

GABAについては、チョコレートのGABAをイメージする人も多いかもしれません。

現在でもスーパーなどで販売されているグリコGABAチョコレートにはアミノ酸がたくさん含まれています。

引用元: グリコ:ストレス低減チョコレート

GABAは「γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略した名称て、GABAは主に中枢神経を操作することで精神や体を保つことができます。

そのために、しっかりとGABAが働いていなければ、それぞれの作用が低下しやすくなり、精神や体のバランスが崩れやすくなります。

そこで、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用することで、GABAの作用が強まり、不眠の原因である中枢神経の興奮を抑える事ができます。

不眠症薬が中枢神経を抑制させることで、睡眠作用の他にも、このような作用も期待できます。

1 Follower
Comments