同じ強迫性と頭についているために、強迫性障害は強迫性パーソナリティ障害の略かな
By faeworuoaae Follow | Public

同じ強迫性と頭についているために、強迫性障害は強迫性パーソナリティ障害の略かな?と、思う方もいるかもしれませんが、この二つは別の障害です。



ここでは言葉が似ているために、混同されやすい、強迫性パーソナリティ障害と強迫性障害の違いについて解説しました。




▼強迫性障害とは?

日本で診断に使われているアメリカ精神医学会のガイドライン「DSM」の診断基準を下記にわかりやすくまとめました。


シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

A.下記の強迫観念、強迫行為がみられる。



 強迫観念)

 (1)「自分を邪魔するような、間違っていることが起こっている」と、繰り返し何度も考えてしまう、または勝手に心に浮かんできて、ひどい不安と苦痛の原因になる。

 (2)(1)の不安は一般的な(将来ややりくりを心配するなどの)生活不安とは異なる。

 (3)(1)の不安を何かの行動によって阻止しようと試す。

 (4)その人は、誰かに言われてその不安をもったのではなく、自分自身の心の産物であると認識している。



 強迫行為)

 (1)反復行動(例:手を洗う、順番に並べる、確認する)、または心の中の行為(例:祈る、数を数える、声を出さずに言葉を繰り返す)があり、それらは上記の強迫観念によって、しなければならないと駆り立てられる感じがする。

 (2)(1)の行動は、不安や苦痛を防ぐために行われるが、現実的な手段として筋が通っていない、もしくは明らかに過剰である。



B.自分自身で、強迫観念または強迫行為が、過剰もしくは不合理であると考えたことがある。(注)これは子供には当てはまらない。



C.強迫観念または強迫行為により、著しい苦痛があっても、1日1時間以上時間を割いている。それは通常の生活習慣、職業(または学業)、社会活動や人間関係を超えていてもしてしまう。



D. 別の障害がある場合、その障害から起きた強迫観念または強迫行為ではない。



E.障害は、物質(例:乱用物質、投薬)または一般の身体疾患から起きているわけではない。

1 Follower
Comments