代替ハーブでは、イチョウ葉が安全性が高いと評価
By faweroaero Follow | Public

代替ハーブでは、イチョウ葉が安全性が高いと評価

性的不能を薬に頼らずに改善しようとする自然療法の分野でも多くの研究が行われ ている。例えば、食生活。プロテイン摂取が落ちると男性ホルモンのテストステロン 濃度が低下、シアリス 通販性的欲求も減少するといわれる。また、高いコレステロール値も性的不 能を引き起こすという。26歳から85歳までの男性3千250人を対象にした研究では、正 常のコレステロール値(3.63~5.18mmol/liter)を上回ると性的不能の危険性も増大 することが分かっている。



さらに、ビタミンなど各種栄養素もホルモン分泌や性機能に深く関連してくる。 特にビタミンE、C、亜鉛、必須脂肪酸は男性の性機能を維持するために重要とされ ている。前立腺には高濃度の亜鉛が含まれているが、亜鉛が少なくなると精液の量 も減り、同時にテストステロン濃度も低下することが指摘されている。女性ホルモンと ミネラルのホウ素との関連も深いという。

更年期の女性に毎日ホウ素を補給すると、女性ホルモンのエストロゲン濃度が上がる。ただ、ホウ素が多すぎると骨粗しょう症の 危険性もあがるので、この摂取は医師との相談が必要。米国で性機能を促進するハーブとして注目されているものには以下のようなものが ある。

○ ヨヒンベ
樹皮のエキスを主に使用。Herbal Prescriptions for Better Health によると、神経組織の特定部分を刺激し性器組織への血流を増加させることによ って性的反応を活性化する。性的不能患者の5分の1がヨヒンベ使用後完全な回 復を見ているという。純正ヨヒンベには、血圧上昇、震え、頭痛、吐き気、嘔吐な どの副作用が報告されている。また、シベリア産ニンジンやノコギリパルメットと 併用すると、性的欲求を回復するのに有効だという。

※過剰摂取は体力減退、麻痺、過労感、威哥王胃腸障害などを引き起こし、最悪の場 合死亡するケースもあるとして米食品医薬品局(FDA)は使用を注意している。

○ ギンコビロバ(イチョウ葉)
血流を増加させる働きをもつ。副作用報告は稀で、ヨヒンベより安全性は高い。あ る研究では1日に60mg与えたところ、性器への血流が増加したという。被験者60 人のうち半数が半年以内に性機能を回復させている。

○シベリア産・韓国産ニンジン
高いエネルギーを生み出し機能を改善させる作用。勃起力と維持力を取り戻す。

○マチン(Strychnos nux vomica)
中枢神経組織を刺激。性的欲求を高め、力を取り戻す。ホメオパシー療法でよく使 用される。中枢神経を刺激することから、嘔吐や下痢、筋肉痙攣などの副作用があ るため、使用に関して専門医の指導が必要。

○スギナ(Horsetail)
前立腺肥大による性的不能に有効性がある。

○ノコギリパルメット
前立腺のホルモンバランスを維持。これは、正常な性機能に必要。

2 Followers
Comments