妊娠中の性行為で流産のリスクはあるの?
By oiewurojhl Follow | Public

妊娠中の性行為で流産のリスクはあるの?
リスク

妊娠中の性行為が直接的に流産につながることは、基本的にほとんどありません。流産は多くの場合、受精卵の染色体異常など胎児側の原因によって起こります。つまり、受精した時点で流産のリスクはほぼ決まるのです。

生活の不注意などで流産のリスクはありますが、過剰に心配するのもストレスが溜まってしまいます。ただし、妊娠中の性行為が流産を引き起こさないからといって、性行為で激しく動いたり、夜遅くまで性行為したりすると、母体に負担をかけてしまうので注意してください。

関連記事
流産の確率や種類は?週数や年齢との関係は?

妊娠初期の性行為で注意すべきことは?
カップル 夫婦

妊娠初期は、シアリス 通販胎児の心音が確認されて経過が順調であれば、性行為をしても問題ありません。ただ、妊娠初期はお腹も大きくなっておらず、体の自由も利くので無理をしてしまいがち。妊娠中であることを忘れず、激しい動きは控えてくださいね。

また、妊娠初期はつわりに悩まされやすく、性行為をする気分になれないという人も多いかと思います。体調が優れないときは、パートナーと相談して無理をしないようにしましょう。

関連記事
つわりはいつからいつまで?早い人が始まるのは?

妊娠中期の性行為で注意すべきことは?
妊婦 カップル パパ ママ うれしい 散策

妊娠中期は子宮や胎児の状態が安定して、つわりも落ち着く時期なので、体調が良ければ性行為は問題なくできます。妊娠初期には性欲がなかった妊婦さんが、妊娠中期には性欲が戻ってくることもあります。

性行為後にお腹が張ったら、威哥王安静にしてください。お腹の張りがすぐに治まらず、長く続く場合は切迫早産の兆候である可能性もあるため、産婦人科の医師に相談するようにしましょう。

1 Follower
Comments