勃起が弱くなったり、勃起を維持できなくなり満足な性交渉ができなく
By fhaoeuwro Follow | Public

 勃起が弱くなったり、勃起を維持できなくなり満足な性交渉ができなくなる状態を〔勃起障害〕とか〔ED〕といいます。

 本来、勃起は性的な刺激を受けて自律神経が働き、陰茎海綿体に血液が流れ込むことで起こります。

 なんらかの原因で、海綿体に十分な血液が送り込まれなくなると勃起が起こりません。

 EDの原因には「機能性ED」と「シアリス 通販器質性ED」とがあります。機能性EDは精神的なもので、器質的EDは陰茎に関係する血管の異常などが原因となるものです。

 男性が性交渉を行うとき、陰茎が勃起することは重要な要素ですが、肝心なときになって、陰茎が勃起できない、あるいは十分な時間にわたって勃起が維持できないために、満足な性交渉が行えない状態が〔勃起障害〕ということになります。

 〔ED〕に悩む人は、先進国の男性の1割ほどいるとされ、加齢により増加する傾向があります。

 〔ED〕が起こる原因には、心的なものと〔糖尿病〕や〔うつ病〕などの病気に起因するものとがあります。また、〔ペロニー病〕と呼ばれている陰茎が曲がってしまって威哥王性交渉がうまくできないものもあります。

体の病気心臓・血管脳・神経呼吸器消化器
内分泌・代謝腎臓・泌尿器骨・関節・筋肉血液・造血器皮膚
目耳鼻歯・口腔アレルギー
膠原病感染症中毒がん女性の病気
男性の病気子供の病気生活習慣病

男性の病気とは

前立腺肥大症
急性前立腺炎
慢性前立腺炎
勃起障害・ED

どんな病気ですか? ▼「ED:勃起障害」とは、一体どんな病気なのかご説明します。
どんな病気ですか?  EDは、勃起障害や勃起不全であり、性交渉に臨んだ男性の勃起機能が低下するために「いざ、性交渉というときに、十分な勃起やその維持ができないために、満足な性交が完遂できない状態」といえます。

 EDは全く勃起しない状態ばかりではなく、勃起するまでに時間がかかったり、勃起が継続できなかったりなどで、満足がいく性交に至らない場合も含みます。また、勃起できない状態により、軽症、中等症、完全型などがあります。

 EDは、日本などの先進国の男性に多いとされ、40~50代以降の男性の半数が悩んでいるとも言われています。原因は、ストレスなどの心理的要因と糖尿病や高血圧などの疾患などによる場合があります。


どんな症状ですか? ▼「ED:勃起障害」の症状をご説明します。
勃起障害の症状  EDの症状は、簡単に表現するなら「性欲があるのに、十分に勃起できない」という主観的な問題です。このこと自体が大きな問題ですが、それにより、苛立ち、自信喪失となり、ますます深刻な状態になってしまうことが大きな問題となります。

国際勃起機能スコア  勃起障害は主観的な問題なので、完全に客観的な基準などないのですが、これを定量化する方法として「国際勃起機能スコア(IIEF5)」というスクリーニング方法があり、治療や治療効果の判定などに使われることがあります。

 最近6か月の性交時の状態を評価してスコア化し、その値により判定します。性交の試みが1回もない場合のスコアは0(ゼロ)となります。

 この基準は、25点満点で、ご自分のスコア値が21点以上なら正常、20点以下の場合に、勃起障害があるとされ、専門医の診療が勧められます。

1 Follower
Comments