アルギニンの精力以外の効果
By hdrtyfhdser Follow | Public

アルギニンの精力以外の効果

体内にあるアルギニンは何も精力だけのエネルギーになっているわけではない。シアリス 通販先程も少し触れたが、尿を分解する際にアルギニンはオルニチン回路となり、排尿を手伝う役割もあるのだ。

精力と少し似た所の効果で言えば、精子の形成という役割がある。

アルギニンは精子の材料となる80%を占めていると言われている。これだけで精子に関わっている栄養ということは十分理解できる。だからこそ、巷でアルギニンは精子を増やしてくれるという風に広まっているのだ。

実際のところ精子の量だけでなく精子の質、、、つまり、精子の運動性をも高める効果も持っている。

●Holtらは、健康な人にアルギニンを含まない食事を9日間食べさせると精子数が減少することを示した。(Trans. Amer. Physicians, 1944; 58: 143)

●Schachterらは、男性不妊症の患者にアルギニン(~4,000mg/日)を摂取させたところ、治療した患者のうち半数以上に精子数の増加が見られ、28%に妊娠が認められた。(J. Urol., 1973; 110: 311-313 )

●Mendezらは、アルギニンは精子の運動性に重要な働きをするポリアミンの生成を増加することによって精子の運動性を高めるということを提案した。(Ginecol. Y. Obstet. de Mexico, 1993; 61: 229-234)

●浜松医科大学では、精子の運動性が30%以下であった患者(25例)に対しアルギニンを2,000mg/日摂取させたところ、21例に運動性の改善がみられ、6例に自然妊娠が確認された。威哥王(第48回日本不妊学会で発表(平成15年10月1日))

これら全ての報告は医療関係で発表されているもので、アルギニンの効果がどれほど精子に対して有効かを示している。こういった精子に対する効果から、アルギニンは男性不妊症にも有効的な栄養素として注目されているのだ。

アルギニンが精子に対して有効的な効果を与えているのは、もう1つ理由がある。それが、成長ホルモンの分泌を促進させるという効果。

これは精子形成や精子の量にも繋がることで、我々男は成長ホルモンのシグナルによって精子の製造が円滑に行われている。つまり、成長ホルモンが減少してしまう年代になれば精子の量も減り、運動性も低下することがわかっている。

また、アルギニンの働きにより、ポリアミンという物質が生成される。このポリアミンという物質は精子の運動性を左右させるもので、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させるなかでポリアミンという物質も生成しているのだ。

成長ホルモンやポリアミンの生成にアプローチするアルギニンはこういった側面からも精子の量・質を支えているのだ。

1 Follower
Comments