ビゴラはバイアグラのジェネリック医薬品であり
By hfhoaueaew Follow | Public

ビゴラはバイアグラのジェネリック医薬品であり、バイアグラと同じくシルデナフィルが使用され、効果も同じになります。つまり副作用もほとんど同じ症状が起こります。
ビゴラを服用した際に起こる副作用としては、顔のほてり、のぼせ、頭痛、血圧の変化や網膜への異常、軽度の複視現象、吐き気や消化不良、腹痛などです。ビゴラの効果が現れるとともに副作用も起こり、シアリス 通販ビゴラの効果が切れるとともに副作用も消えるので一時的なものですが、副作用を理解して服用後には車の運転などは控えましょう。
ビゴラはバイアグジェネリック医薬品ですが、バイアグラが日本国内で承認を受けて医師による処方を受けることができるのに対してビゴラは日本国内で承認を得ていなことから日本国内では購入することはできません。入手する場合には個人で海外から輸入することになりますが、個人輸入代行を利用することでインターネット通販で買い物をするのと同じように手軽に購入することができます。個人で海外から購入することに違法性はないので安心して入手することができるものです。勃起不全や勃起障害によって自身をなくしている男性に高い効果を発揮するものです。



■レディグラ



女性用のレディグラもバイアグラのジェネリック商品のひとつでインドのVipro Lifescience社が製造しています。
その他にもラブグラやセンフォースFMなどが上げられます。
これらの女性の為に開発されたレディグラなどは女性器周辺への血流をよくする働きがあることから女性の感度も上がり、快感が得られるようになります。
空腹時または食後2時間以上してから最初はピルカッターなどで半分にカットして服用する方が良いでしょう。
また副作用として血管の拡張作用にともなう、顔のほてりや頭痛などが上げられます。
ニトログリセリン系の薬を飲んでいる人や、威哥王妊娠中や授乳中の女性は服用できませんのでご注意ください。
他の国々でもバイアグラのジェネリック医薬品は販売されているのですが、ジェネリック医薬品そのものが圧倒的にインド製ということが多いのです。
一般的にジェネリックは特許期間が終了しない限りジェネリック医薬品の製造はできないのですが、インドの場合は2005年までインド国内での特許法では医薬品は特許として認められなかったことから新薬が出るとすぐに合法的にジェネリック医薬品を作ることが出来たのです。

1 Follower
Comments