まず当然ですが、放っておいても自然治癒するようなものではないので
By faewjorjfalws Follow | Public

まず当然ですが、放っておいても自然治癒するようなものではないので、病院に行くことが重要です。受診する科は泌尿器科になります。

病院でする検査は、触診(直腸診)、尿や精液(前立腺液)を採取して顕微鏡観察、血液検査、超音波診断などです。

そして治療法ですが、そもそも前立腺炎には、細菌性のものと非細菌性のものの2つがあり、それぞれで治療方法が違います。

細菌性の前立腺炎の場合はと、細菌の感染による炎症が原因ですので、フラジールなどの抗生物質を服用すると、多くの場合は症状が治っていきます。

また、非細菌性の前立腺炎と診断された場合でも、シアリス 通販前立腺液に細菌が含まれていなかっただけで、実際には前立腺のほうには細菌がいる可能性もあるため、その場合は抗生物質での治療で治ることもあります。

しかし、非細菌性の前立腺炎は、その原因はストレスや運動不足、デスクワークなどの長時間の同じ姿勢などが原因となっている場合もあります。詳しいメカニズムはまだわかっていませんが、骨盤内での血の流れが滞ることで発症するのではないかと言われています。

この場合は、ストレスの原因となっているストレッサーを排除する、仕事の仕方を変える、長時間座っていないで1時間1回立ち上がって散歩する、などの方法をとるだけで完治まではいかなくともかなり症状がよくなることが期待できます。

また、体質に合うかどうかにもよりますが、血の流れをよくする漢方薬でも症状が軽くなることもあります。そのあたりは医師またはしっかりした薬剤師のいる薬局で聞いてみましょう。

いずれにしても、前立腺は薬の効果が利きにくい器官で、抗生物質などを服用しても効果が出るまでに2~3か月かかる場合もあるので、完治するまではある程度の時間を見て根気よく取り組むことが重要です。

しかし、もちろん精液に血が混ざっている原因が前立腺炎ではない場合もあります。

どんなことが考えられるのかはこの後に紹介しますが、威哥王その場合は検査を行っても、尿や前立腺分泌液に異常が出ません。

いろいろなケースがありますが、その場合は特に治療は必要ではなく、自然治癒で2~3週間で治ることが多いです。

では、前立腺炎ではなかった場合の精液に血が混ざる原因についてもご紹介します。

1 Follower
Comments