タバコに含まれる老化を促進させる物質には
By faoewruouo Follow | Public

タバコに含まれる老化を促進させる物質には、動脈硬化を進めてしまう効果が当然あります。

そして、タバコに入っているニコチンは「血管を収縮させる働き」があるので、動脈を細くしてしまいます。



つまり、勃起に必要な血液がしっかりと海綿体に届かない状態を作りだしてしまうので、勃起には大敵なんです。

「性行為の前に吸わなかったらいいんでしょ?」

と思うかもしれませんが、喫煙することでどんどん血管が細く硬くなり、血圧も上がってしまうので、直前がどうこうという話ではありません。



そして、タバコはビタミンや亜鉛を破壊する能力も持っています。

ビタミンAの吸収率を定価させて、ビタミンB12が煙の中にあるシアン化水素で消費されて、ビタミンCに至っては非喫煙者の半分以下というデータが出ています。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html



また、タバコを吸うことで老化促進の元となる「活性酸素」が生じるわけですが、これの分解のために「大量の亜鉛」を消費してしまうのです。

亜鉛はアルギニンやチロシンと並ぶ、勃起に必要な栄養素なので、もはや致命的ですよね。。。



ただ、じゃあビタミンA.B12.Cと亜鉛だけを大量に摂取すればいいのかということになりますが、それは間違いです。

効果的に栄養を吸収するには、他の栄養がしっかりと足りていることが前提なので、数種類取ればED改善できるわけではありません。

1 Follower
Comments