asobi基地
By asobi基地 Follow | Public

オトナもコドモもみんなが平等な場所 「asobi基地」。園にいっていない人も、違う園に行っている人も、これから産む人も、みんながアクセスできる新しい子育て支援の形!

Announcements
  • 2019/04/23

    5/11(土)asobi基地併設の学びイベント開催! オンライン配信もあるので、全国からご参加いただけます!お子さま連れ可能! 詳細はこちらから▷ https://pieces-190511.peatix.com/ ------ 「難民」と聞いて、どんな人をイメージ... read more 5/11(土)asobi基地併設の学びイベント開催! オンライン配信もあるので、全国からご参加いただけます!お子さま連れ可能! 詳細はこちらから▷ https://pieces-190511.peatix.com/ ------ 「難民」と聞いて、どんな人をイメージしますか? ------ 難民とは、紛争や人権侵害から住み慣れた故郷を追われ、逃れざるを得ない人びとのこと。 難民となる前は、私たちと同じように家や仕事があり、大切な人との日常がありました。 逃れた先での生活は、失った「当たり前」を取り戻すことからはじまります。 ここ日本にも、そんな難民となった人びとが逃れてきています。 そして、難民として日本で暮らす人びとにも家族や子どもがいます。   難民の方々の置かれている状況はさまざまで、難民であることを話すことはあまりありません。 あなたの出会っている「外国人」や「外国人の家族」が難民かもしれない。   ---- あなたのイメージする「子ども」にあの子はいますか? ---- 自分のすぐ隣にいる、あの子も、誰にもわかってもらえない見えづらい困難の中で、寂しい思いをし、困ったことを一人で抱えているかもしれません。   関わる人との間に見えない壁があることで、「困ったこと」が見えないまま、「孤立」につながるのかもしれません。     今回は、認定NPO法人難民支援協会で、難民と地域社会をつなげるコミュニティ支援活動をしている鶴木氏と、認定NPO法人PIECES代表で児童精神科医の小澤と一緒に、見逃されてしまいがちな、日本で難民として暮らす「子どもたち」の背景と、そこから生まれる「孤立」について考えるトークイベントを行います。   想像力を耕し、あらゆる子どもと家族に寄り添う第一歩として、ぜひ、ご参加ください。   【開催概要】 日時:2019年5月11日(土) 10:00~12:45 (受付 9:45~) 定員:会場参加:30名程度、オンライン参加:30名程度 参加費:無料 場所:social hive HONGO 東京都文京区本郷3丁目40-10 三翔ビル本郷 4F 本郷3丁目駅から徒歩4分 ※オンライン参加の方はお申し込み後、メールアドレスに視聴用のリンクをお送りいたします。   【参加費】 ・オンライン参加の方:無料 ・会場参加の方:お一人1000円(軽食費として) ・お子さま連れの方:お子さまお一人500円(現地払い) ※会場には、asobi基地(お子さまが遊ぶスペース)を併設します。 ※お預かりではありませんのでご注意ください。 show less

Video
Comments