MUSIC BRAINERY presents 奥座敷(ex 著作権の勉強会 )
By Musilogue Follow | Public

『野崎良太(Jazztronik)による著作権に関しての実際の音楽業界の現場からの疑問に、谷口元・林達也の著作権プロフェッショナルの両氏が詳しくそしてわかりやすく解説していくトークショー&勉強会、』として2016年に始まりました "著作権の勉強会" ですが、
2018年からは " MUSIC BRAINERY presents 奥座敷"と名前を変え新たなスタイルでこのメンバーで開催していきます。


~MUSIC BRAINERYとは~
野崎良太が主催するMusilogueは2018年より音楽教育プロジェクトを立ち上げます。
実技はもちろん、音楽を生業とする為に必要不可欠な知識をつけていくクラスも開催していきます。

-------------------------------------------------
谷口元

1960年東京生まれ。米国テネシー州ベルモント大学(Belmont University)卒業。その後、ソニー・ミュージックエンターテインメントで8年、エイベックス・グループで20年、主に音楽著作権や国際業務、海外戦略を担当してきました。エイベックスでは国際戦略と知財戦略を担当する取締役や、音楽著作権を管理する子会社の代表取締役を歴任しました。
また、一般社団法人日本音楽著作権協会の理事や、一般社団法人日本音楽出版社協会の理事などを兼任。内閣府の知的財産戦略推進本部の主宰する各種調査会やタスクフォースにも委員として参加してきました。

--------------------------------------------------
林達也

米国 Art Institute of Seattle (ミュージック・ビジネス専攻)卒業後、CD 店舗マネージャー、ライブ・ブッキング、レコード会社、
アーティスト・マネージメント、全米ツアー企画制作など10年以上にわたり、米国音楽ビジネスに携わる。
帰国後も、国際ライセンス契約業務、国内アーティストの海外ツアー企画制作、海外アーティストの国内ツアー企画制作、通訳翻訳、音楽コラム執筆などグローバルな音楽ビジネス活動を続けている。また、城西国際大学メディア学部にて「音楽ビジネス」や「権利マネジメント」などの講義を担当。

----------------------------------------------------
野崎良太

Jazztronikとは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たないミュージック プ ロジェクト。ジャンルに縛られない数々の作品をリリースし、アーティ スト、ピアニ スト、作編曲家として確固たる地位を築いている。 箱根彫刻の森美術館40周年記念音楽、映画「死刑台のエレベーター」の主題歌、 NHKサタデー・サンデースポーツや「First Class」をはじめとする数々のド ラマや映画にも音楽を提供。LEXUS"CT200h’’のナビゲーター’’世界でも活躍する新進気鋭の音楽家’’としても抜擢される。今年葉加瀬太郎氏のレーベルより新たなバンドGOODPEOPLEでもデビュー。海外での活動も多い。