人生100年時代の働き方「伸びしろ」を活かして働く!
By 一般社団法人組織内サイレントマイノリティ Follow | Public

昨今、経済・技術環境の急速な変化が働く人の脅威になっています。ビジネスモデルの早期成熟化による経済環境の変化や人工知能などの技術革新による変化は、働く人に「スキルの陳腐化」をもたらしています。そうした中、人生100年時代を迎え、どう対処していけばいいのでしょうか?

対処するための一つの考え方に「伸びしろ」があります。「伸びしろ」とは「能力を出し切っておらず、まだ成長する余地があること」(デジタル大辞林)です。

「スキルの陳腐化」が一旦起こると新たな「スキル」を習得し、アウトプットが出るまで「発展途上状態」になります。そういう状態を生まないためにも「賞味期限切れ」が起きない内に、成長する余地「伸びしろ」を常に探索していくことが求められます。

「伸びしろ」を知るためにどうすればいいのか、それを活かすためにどうしていくのか。自身の「伸びしろ」を広げるために、どうすればいいのでしょうか。
また「伸びしろ」は自分だけに当てはまるものではなく、傍にいる人や他の人の「伸びしろ」に着目し活かしてもらうために支援する立場(マネジメントする、指導する、カウンセリングする方)は身につけなければなりません。そのためにどう着目し活かす支援をしていけばいいのでしょうか?