“KANGLO(カングロ)”とは、“感謝/グローバル(世界)”と“感動/グローブ(地球)”を掛け合わせた造語です。「いつの時代も変わらず感謝・感動していただける事業をしたい」「“感謝”(カンシャ)と“感動”(カンドウ)という言葉を世界に広めたい」。私たちは、“感謝・感動する心”は混迷化する21世紀の道標になると信じ、事業を通して“感謝・感動する心”を世界に広め、地球に恩返してまいります。Kansha for the Global. Kandou for the Globe.

Announcements
  • 2020/06/01

    リアル開催/SDGs超実践者が地球を救う2!第7回SDGs超実践者委員会SSPC月例会&ミートアップ(2020年6月19日) https://www.facebook.com/events/278068483333792 当会に参加を検討する前に、下記を必ずお読みく... read more リアル開催/SDGs超実践者が地球を救う2!第7回SDGs超実践者委員会SSPC月例会&ミートアップ(2020年6月19日) https://www.facebook.com/events/278068483333792 当会に参加を検討する前に、下記を必ずお読みください。 人類は、かつて経験したことのない事態に陥っています。未来に対して、悲観的な、あるいは楽観的な多くの情報、憶測、噂が飛び交っています。今、私たちに最も必要なことは何なのか。それは、「生きる覚悟を決める」ことです。覚悟を決めた瞬間から、やるべき事が見えてきます。もっとも深刻な過ちは、ただ慌て、何も決めずに、傍観し、思考や行動が停止してしまうことです。 「生きる覚悟を決める」。それが出来れば、生きるために何が出来るかを考え始めます。 ここで人は、もう一つの過ちを犯す可能性があります。それは、「自分だけが生き残れれば良い」というエゴの意識が働くことです。これは明らかな間違いであり、確実に失敗します。もう一度言います。この意識では、あなた自身も人類も、100%生き残ることは出来ません。なぜならば、地球上の生命は全て生態系として完全に繋がっているからです。人間以外、エゴの意識を持つ生物は存在しません。現在の地球の在り様は、このエゴの意識のまん延によるものなのです。ではどうすれば良いのか。 「地球上の全ての生物が生きるために覚悟を決める」ことです。 人間だけが生き残る方法を考えてもダメです。日本人だけが、自分の家族だけが、自分独りが生き残れば良いという意識は、他を殺すことになります。SDGsの「誰一人取り残さない」という精神は、これに当たります。SDGs超実践者は、このことを理解している人たちです。彼らは、既に覚悟を決めて動いています。あなたはどうですか?自分独りが助かればそれで良いですか?エゴの意識を取り除きたいですか?SSPCは、「地球意識革命」を起こすための類まれなチームです。あなたの覚悟を決めた参加を心よりお待ちしております。 SSPC創設人・藤井啓人 https://youtu.be/SI4WGkyh2UU show less

Video
Comments