一般財団法人Next Wisdom Foundation
By 一般財団法人Next Wisdom Foundation Follow | Public

私たちが今いる世界は、テクノロジーの発展とともに早く多くの情報やモノを手に入れることができ、人同士の交流もスマート化され、一昔と比べ豊かな社会になったとも言えます。その一方で、世界では紛争は絶えず、地球規模の環境問題は未だ深刻になるばかり。
そのような中、インターネット検索だけでは見つけ出すことのできない、すっかり忘れ去られてしまったような、あるいは簡単に言葉には落とし込むことが出来ない古今東西の叡智にこれからの社会を良いものにするヒントがあるように思います。
これらを紐解き、正当に評価する視座を持ち、それらを足がかりにこれからを考え、100年後の世界をより良いものにするため行動を起こすべく、“Next Wisdom Foundation”と称し財団を設立いたしました。
“Next Wisdom Foundation”が、そのような議論の場となれば嬉しい限りです。
ぜひ皆様のご賛同、ご参加をよろしくお願い致します。
http://nextwisdom.org/

Announcements
  • 2018/04/13

    ★残席わずか★ いよいよ来週火曜日開催です! AIという言葉をよく耳にするようになり、様々な技術が、私たちの暮らしのいろんなシチュエーションに組み込まれてきています。 このままAIが社会基盤になっていくと、そもそも人工物と自然物の違いは何か? 人工知能が発展する中で... read more ★残席わずか★ いよいよ来週火曜日開催です! AIという言葉をよく耳にするようになり、様々な技術が、私たちの暮らしのいろんなシチュエーションに組み込まれてきています。 このままAIが社会基盤になっていくと、そもそも人工物と自然物の違いは何か? 人工知能が発展する中で、人と生き物の違いは何か? そして、私たちは一体何者なのだろうか? 人類は、生物は、これからどうなるのだろうか? こんな疑問や問いが生まれてきそうです。 4月17日(火)19時からは、生物学者でありバイオアート作家でもある岩崎秀雄さんをゲストに招いて、哲学的な側面もみながら、これらの問いを紐解いていきます。 お申し込みはこちら→ https://peatix.com/event/360165/view ◆ゲスト紹介 アーティスト / 生命科学研究者 岩崎秀雄(いわさき・ひでお) 1971年生。生命美学プラットフォームmetaPhorest主宰,早稲田大学理工学術院教授。名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了,博士(理学)。科学および芸術の一筋縄ではいかない界面・関係性に興味を持ち,生命をめぐる科学・思想・芸術に関わる表現・研究のプラットフォームmetaPhorestを2007年より運営。バクテリアの生物時計や形態形成などの研究で文部科学大臣表彰若手科学者賞,日本時間生物学会奨励賞など。合成生物学の研究会(「細胞を創る」研究会)の創設にも従事,2016年には会長を務めた。著書に『<生命>とは何だろうか:表現する生物学,思考する芸術』(講談社2013),主な作品にaPrayer(人工細胞の慰霊,茨城県北芸術祭2016),Culturing cut (ICCなど2013),Biogenic Timestamp (アルスエレクトロニカセンター,ICC,2013-)など。 show less

Comments