Third Ear Project
By Third Ear Project Follow | Public

松本直美(企画、構成、通訳)+岩下順子(古楽かふぇ、マネージメント)+林萌子(広報)

Announcements
  • 2019/03/09

    「高柳義生・3月に17世紀イタリア歌曲のコンサートを開催します」 セイチェント1で通奏低音指導した高柳義生が今年3月にイタリアバロック音楽のコンサートを企画しておりますのでご案内いたします。 現代人の周りには沢山の音が溢れていて「音楽」にあまり期待を持てなくなっ... read more 「高柳義生・3月に17世紀イタリア歌曲のコンサートを開催します」 セイチェント1で通奏低音指導した高柳義生が今年3月にイタリアバロック音楽のコンサートを企画しておりますのでご案内いたします。 現代人の周りには沢山の音が溢れていて「音楽」にあまり期待を持てなくなっている、と言えなくもありません。芸術に満ちた17世紀のイタリアましてや当時の貴族など正に同じ状況であった、かも知れません。その当時、自ら音楽を作り楽器を奏した「貴族音楽家」がいました。イタリア・シエナの貴族クラウディオ・サラチーニです。音楽の均衡を崩してまで心の激情を表現する儚くも激しい彼の歌曲を、当時使われていた楽器であるコルネット、バロックギター、テオルボ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、リローネと共に演奏します。曲には楽器の指定は無く即興演奏が要求され、全ては音楽家の判断に委ねられています。最先端の訓練を受けた奏者でしか実現できない、正に「今」の、「生」の音楽です。 古楽界に話題を振りまく「エクス・ノーヴォ室内合唱団」を主宰する福島康晴。その彼の歌に寄り添う器楽の基本編成は2台のテオルボ、そして武澤秀平の奏でる "リローネ"。突然変わる春の空模様のような、霊感に満ちたサラチーニの響きを幻の楽器リローネが彩ります。 このコンサートには歌手がもう一人。17世紀イタリア音楽の専門家集団「アンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニ」を主宰する笠原雅仁。さらに今回、笠原氏はコルネットもプログラム中で持ち替える縦横無尽の活躍。盛りだくさんの「響き」に満ちたコンサートとなることでしょう。 テオルボとバロックギターで音楽を支えるのは2015年のセイチェントで講師を務めた高柳義生。17世紀初頭のローマで活躍したギター奏者フォスカリーニのトッカータを演奏予定です。 3人のコンティヌオ奏者はそれぞれバロックギター、ヴィオラ・ダ・ガンバをも曲毎に持ち替えながら演奏します。 コンサートのタイトルは 「La Freccia della dolce morte 甘い死の弓矢」。サラチーニの歌曲から想を得ました。 ご存知のように、バロック期にはオペラを始め様々な演奏形態が生まれました。それらがどのような音であったのか、人の声はどのような楽器の響きと共にあったのか、それを是非ご視聴下さい。 公演のスケジュールは以下の通りです。 3月21木(祝)山形 酒田市 ジョンダーノホール 15時30開場 16時開演 3000円/3500円 3月22金 新潟 新潟市 内野まちづくりセンター 18時開場 18時30開演 3000円/3500円 3月23土 群馬 桐生市 有鄰館 18時開場 18時30開演 3000円/3500円 3月24日 群馬 渋川市 渋川教会 18時30開場 19時開演 3000円/3500円 3月26火 東京 新宿区 近江楽堂 18時30開場 19時開演 3000円/3500円 3月28木 千葉 千葉市 美浜文化ホール 13時30開場 14時開演 3000円/3500円 3月29金 静岡 静岡市 江崎ホール 18時開場 18時30開演 2500円/3000円 3月30土 大阪 大阪市 阿倍野区民センター 18時30開場 19時開演 3000円/3500円 3月31日 兵庫 神戸市 聖愛教会 18時30開場 19時開演 3000円/3500円 【チケットお問い合わせ先】 機電工業株式会社 担当:小笠原由真 青森市花園2丁目9-30 110 Tel 017-752-1530 Email: y.ogasawara@kiden-kk.co.jp show less

Comments