Event is FINISHED

満席:地方創生で人気の自治体の町長も登壇!移住情報も紹介「小さくて美しい町サミット2019」埼玉県横瀬町 × 宮崎県新富町。地域×ブランディング×リーダーシップ(試食・ソフトドリンク・交流会付き)

Description

==============
受付の際に、皆様にご協力いただきたいこと

・会議の進行の都合上、20時以降の入場はできません

・満席になった際は、立ち見での参加をお願いいたします

・参加者確認のため、受付の際に1枚名刺を受付にお渡しください

(名刺がない方は、受付用紙に記入をお願いいたします)
==============


  896


この数字を見て何を思いましたか?
これは、「日本創成会議」の人口減少問題検討分科会が発表した、2040年までに消滅する恐れがある市町村の数です。


地方創生は、2020年から5カ年計画で実施する第2期総合戦略がスタート。

基本的な方針は、
定住や観光と違う形で特定の地域と関わる「関係人口」の創出、「society5.0」実現での人口減少が進む地方の担い手確保です。

画像引用先:https://www.gov-online.go.jp/cam/s5/

第2期での骨子案としては、
(1)民間と協働 (2)人材を育て生かす (3)新しい時代の流れを力にする (4)地方へのひと・資金の流れを強化 (5)誰もが活躍できる地域社会 (6)「地域経営」の視点

その中で、896の地方自治体は何ができるでしょうか。
消滅可能性都市にある市町村は何を行えば、その危機を回避できるのでしょうか。

今回は、地方創生の自治体で注目されている2つの市町村の事例を第一線で活動しているプレイヤーから、持続可能なまちづくりについてお話をします。


>1粒1000円国産生ライチで有名な、宮崎県新富町


https://www.youtube.com/watch?v=GwAQyob1exA&t=3s

>地域クリエイティブソンで有名な、埼玉県横瀬町


(下記の動画の一場面を切り取りました。)
https://www.youtube.com/watch?v=Pdn_SJj-M8Y

そして、特別ゲストとして両方の町から町長が登壇します!!

町の方向性やビジョン戦略など直接学び、これからの地方創生に向けて一緒に学び合いましょう。

>こんな方におススメ
・先進事例から地方創生を考えたい人
・横瀬町、新富町のファン
・地方の移住を考えている人
・地方創生事業を考えていている人
・地域やローカルベンチャーに興味がある人


【ゲスト紹介】*敬称略

〇宮崎県新富町長

小嶋崇嗣(こじまそうし)
1971年7月23日生まれ。平成6年 淑徳大学 社会福祉学部卒業。平成9年に有限会社新富衛生社入社、平成15年に新富町議会議員に就任。平成19年には町議2期目、平成23年には3期目を務めて副議長に就任。平成26年にNPO法人ライフカンパニー新富理事就任(チャレンジキャンパスくうねる遊ぶ管理者)後、平成30年に新富町長に就任し、現在に至る。

〇埼玉県横瀬町長


富田能成(とみたよしなり)
 1965年横瀬町生まれ。国際基督教大学(ICU)卒。1990年~2009年、日本長期信用銀行(現新生銀行)。法人営業、メキシコ留学、米国支店勤務等経て、不良債権投資や企業再生の分野でキャリアを積む。2011年4月から横瀬町議会議員を経て、2015年1月に横瀬町長に就任。官民連携プラットフォーム「よこらぼ」を立ち上げるなど、都市圏の人材や民間活力を呼び込む施策を次々展開している。

〇新富町スーパー公務員


岡本啓二(おかもとけいじ)
一般財団法人こゆ地域づくり推進機構執行理事(新富町役場 職員)。少子高齢化、財政難、全国的に進む地方の課題を背景に、スピード町経営を実践するため、2017年4月に地域商社の設立を提言した。一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(略称:こゆ財団)は、地域の資源を活かした特産品を販売する地域商社で、その利益を農家や起業家の育成などに投資するなど、新事業や教育に再投資される循環をつくっている。2018年4月には、フォーブズ2018年6月号の中で「地域経済圏」の救世主」の一人として紹介された。

〇横瀬町スーパー公務員

田端将伸(たばたまさのぶ)
1974年横瀬町生まれ、横瀬町育ち。地元の高校卒業後、横瀬町役場へ入庁。税務課固定資産税担当、総務課財政担当、振興課観光担当を経て、まち経営課政策担当として現在に至る。「小さな町だからこそできることがある」を信条に活動。総合計画策定のほか、民間・団体等との新しい関係性を築くための仕組み、官民連携プラットフォーム(通称:よこらぼ)を担当。 好きな言葉は「すべての原因は自分に」

地域プロデューサー

齋藤潤一(さいとうじゅんいち)
 1979年大阪府生まれ。米国シリコンバレーのITベンチャーでブランディング・マーケティング責任者として従事。帰国後2011年の東日本大震災を機に、「ソーシャルビジネスで地域課題を解決する」を使命に活動を開始。持続可能な地域づくりの実現を目指して、全国各地の起業家育成に携わる。2017年4月新富町役場が設立した地域商社「こゆ財団」の代表理事に就任。2018年12月国の地方創生の優良事例に選定される。慶應義塾大学非常勤講師


【町紹介】

宮崎県新富町

 新富町は宮崎県のほぼ中央に位置し、海、川、台地に囲まれた自然豊かなところです。また、アカウミガメの上陸する美しい砂浜や国内最高技術をもつ航空自衛隊新田原基地があり、豊かな農地ではいろいろな野菜や果物が盛んに作られています。県都宮崎市とも隣接し、最寄りのICまで15分とアクセスは非常によく、おだやかな土地柄で明るく元気な人たちが住むまちです。

埼玉県横瀬町


 横瀬町は、都心から電車で73分の距離にありながらも、自然豊かな山地に囲まれた中山間地域の町です。また、気候は盆地であるため気候は寒暖の差が比較的大きいものの、四季を通じて概ね穏やかです。産業は、セメント関連産業のほか、果樹を主体とする観光農業が活発です。また、豊かな森林資源と雄大な自然景観、そして札所をはじめとする歴史的な文化遺産も多数有しており、首都近郊の観光地としても知られています。


【タイムスケジュール】

(変更の可能性があります。)

19:00~ 開場/受付

19:30~ 挨拶/注意事項

19:35~ 概要説明

19:45~ トークセッション第一部
    「飛び出す公務員トーーク」
    登壇:新富町役場 岡本啓二、横瀬町役場 田端将伸
    ファシリテーター:こゆ財団 稲田佑太朗

20:15~ トークセッション第二部
    「先進地域の首長トーーク」
    登壇:小嶋新富町長、富田横瀬町長
    ファシリテーター:地域プロデューサー 齋藤潤一 

20:45~ 質疑応答

21:00~ 交流会

21:30  終了

【主催・協力】

主催:一般財団法人こゆ地域づくり推進機構
協力:宮崎県新富町、埼玉県横瀬町
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#476588 2019-09-26 07:06:07
More updates
Thu Sep 26, 2019
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券+交流会費(ワンドリンクつき) SOLD OUT ¥500
無料:入場券(試食・ソフトドリンク・交流会付き)*受付で名刺を1枚いただきます FULL
Venue Address
千代田区4 霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F Japan
Organizer
地方創生メディアMACHI LOG
7,573 Followers

[PR] Recommended information