Event is FINISHED

国際大学GLOCOMシンポジウム「日本流データ利活用の未来」

Description
近年、国内外でデータ利活用に関する議論が非常に活発になっています。そして、その議論は多くの場合、法律と企業活動、政府の視点で理論的に論じられ、それに他国の政策を参照しています。しかしながら、変化が速く、複雑化する情報社会においては、消費者を含んだ、社会全体に与える影響を実証的に明らかにしたうえで、エビデンスをベースに制度を設計しないと、想定以上に大きなマイナスのインパクトを社会にもたらす可能性があります。

そこで本シンポジウムでは、人々のデータ利活用に対する評価を実証的・定量的に明らかにした研究を報告すると同時に、産官学の多様なステークホルダーを集めたパネルディスカッションを行います。そして、日本政府はデータと制度をどう連関させてより良い社会を作り上げていけば良いのか、日本の産業界はこれからどのようなデータ戦略をとってイノベーションを起こしていけば良いのか、議論を深めたいと思います。

日時:2019年7月29日(月)14:00~17:30(13:30開場)
会場:イイノカンファレンスセンター RoomA(東京都千代田区内幸町2-1-1)
定員:120名(先着順)⇒300名(先着順)
参加費:無料
主催:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
後援:Innovation Nippon
GLOCOMページ
シンポジウムフライヤー(PDF)

◆プログラム
14:00-14:05 プロローグ
  ご挨拶
   松山良一(国際大学GLOCOM 所長)

14:05-15:35 Session 1「人々にとって最良なデータ利活用とは何か」
  基調講演「データ利活用に対する人々の評価と日本の未来」
   山口真一(国際大学GLOCOM 主任研究員/講師)
  パネルディスカッション「社会的厚生を最大化するデータ利活用」
   クロサカタツヤ(株式会社 企 代表取締役)
   古谷由紀子(サステナビリティ消費者会議 代表)
   森亮二(弁護士)
   山口真一
   【モデレーター】田中辰雄(慶應義塾大学経済学部 教授)

15:35-15:45 休憩

15:45-17:30 Session 2「日本流データ活用・流通戦略のシナリオ」
  特別講演1「日本のデータ戦略・プラットフォーム戦略について考える」
   渡邊昇治(経済産業省 大臣官房審議官(産業技術環境局担当))
  特別講演2「日本においてデータ流通と活用を阻害してきた要因と今後の活路」
   楠正憲(Japan Digital Design株式会社 CTO)
  パネルディスカッション:「日本流データ活用・流通戦略のシナリオ」
   楠正憲
   庄司昌彦(武蔵大学社会学部 教授)
   中川裕志(理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP)グループ ディレクター)
   沼尻祐未(経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 課長補佐)
   【モデレーター】渡辺智暁(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任准教授)

◆お問い合わせ先
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
シンポジウム事務局 小島安紀子
 〒106-0032
 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2F
 TEL:03-5411-6675  FAX:03-5412-7111  Email: info_pf[at]glocom.ac.jp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#456812 2019-07-24 09:51:50
More updates
Mon Jul 29, 2019
2:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
イイノホール&カンファレンスセンター 4F RoomA
Tickets
一般 FULL
Venue Address
東京都千代田区内幸町2-1-1 Japan
Organizer
国際大学GLOCOM
1,636 Followers
Attendees
300