Event is FINISHED

ビジネスモデルから語らない、“共創と表現”の関係

Description
ヒト・コト・ミライが交差するリアルプレイス「H(エイチ)」

ビジュアルコミュニケーションで社会に貢献する株式会社アマナが発行・制作する、5つのこだわりメディア『IMA』『MilK』『料理通信』『NATURE & SCIENCE』『Premium Japan』。それぞれに、独自の切り口で洗練されたコンテンツをお届けしてきたこれらのメディアが集まり、リアルとオンラインを連動させた次世代型のメディアが「H(エイチ)」です。

エイチでは、5つのメディアと深いかかわりを持つ方々をお招きしたトークイベントやワークショップなどのイベントを開催し、ビジネスシーンにおける課題解決のヒントや、アイデアの種を探る場として、さまざまなコンテンツを発信していきます。

————————————————————————————————————————
〔今回のイベント〕

アマナグループのプロトタイピングチーム「FIGLAB」は2013年の始動以来、デジタルテクノロジーを通して表現を拡張する試みを行ってきました。

このたび「FIG LAB」が、7月5日〜14日に天王洲アイルのamana squareにて展示「FIG OUT 2019 - 拡張するビジュアル表現 -」を開催。展示を記念し、アマナが運営するコミュニケーションプラットフォーム「H(エイチ)」との共同企画として、スペシャルゲストをお招きしたトークセッションを2回にわたって行います。

あらゆるクリエイティブが溢れる現代においてもなお、なぜアーティストは表現することを止めないのか。テクノロジーを使って表現をアップデートし、社会に新しい価値を提案する「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナーの森永邦彦さん、アーティストの後藤映則さん、「FIGLAB」とともに表現の核心に迫ります。

*こちらはDAY1へのお申し込みページです。

―――――――――――DAY1――――――――――――

「ビジネスモデルから語らない、“共創と表現”の関係」

登壇者:
後藤映則(アーティスト)
三井所高成(FIGLAB)
杉山 諒(アマナデザイン)

新たなビジネスモデルを創出しようと、“テクノロジー・ドリブン”でいくつもの事業共創プロジェクトが生まれています。そんななか、“表現”からその可能性を探ろうとしているのが、乃村工藝社の「NOMLAB」とアマナの「FIGLAB」です。それぞれ独自にラボラトリーを立ち上げて活動していたなかで、なぜ“共創”という形で作品を発表するに至ったのか。「共創による表現の拡張性」について、かつて「NOMLAB」に在籍し、現在はアーティスト/武蔵野美術大学専任講師として活動する、後藤映則さんとともに議論していきます。

日時:2019年 7月10日(水) 19:00〜20:30(18:30開場)
モデレーター:タジリケイスケ(「H」編集長)

―――――――――――DAY2――――――――――――

*こちらはDAY1へのお申し込みページです。
DAY2へは、下記にある「詳細はこちら」からお申し込みください。

「表現で翻訳する、社会のあり様」

社会や産業があらゆる改革を強いられるなか、多くの企業がイノベーションを起こそうとしのぎを削っています。しかし、なかには「イノベーション」という言葉だけが先行し、既存の仕組みやテクノロジーに依存した表面的なもので終止するケースも多く、本質的なクリエイションは生まれにくくなっている現実も。そんな現状に対して、ファッションの枠組みを超えて革新性を生み出しているのが「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナー森永邦彦さんです。ファッションとテクノロジーという“ツール”を用いて未来を切り拓く森永さんとともに、表現がどのように社会に介在し、変革していくのか展望します。

日時:2019年7月11日(木) 19:00〜20:30(18:30開場)
登壇者:森永邦彦(デザイナー/株式会社アンリアレイジ代表取締役)× 横山 徹(FIGLAB)
モデレーター:タジリケイスケ(「H」編集長)

詳細はこちら → https://h-media.jp/event/20190711/

————————————————————————————————————————
〔イベント概要〕
「ビジネスモデルから語らない、“共創と表現”の関係」
日  時 2019年7月10日(水)19:00~20:30
会  場 amana square
料  金 2500円
定  員 60名(先着順)
申込締切 2019年7月10日(水)12:00

※当日は開始の30分前の時間より開場致します
※トークイベントの録音はご遠慮願います
※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます
※キャンセル待ちは空きがでましたら、随時Peatixで募集いたします

〔イベントに関するお問い合わせ〕
本ページ内「主催者」からお問い合わせください

▼イベントの詳細はこちらから▼
https://h-media.jp/event/20190710/

〔登壇者紹介〕

Photograph by Bunpei Kimura

後藤映則(アーティスト/武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科専任講師)
古くから存在する手法やメディアを捉え直し、現代のテクノロジーと掛け合わせることによって立ち現われる事象やフィジカルとデジタルの関係性に着目しながら作品を展開している。代表作は3Dプリンターを使用した時間の彫刻「toki-」シリーズ。参加した主な展覧会は、アルスエレクトロニカフェスティバル、SXSW Art Program、Media Ambition Tokyoなど多数。


三井所高成(株式会社アマナデザイン テクニカルディレクター/プログラマー)
IAMAS在学中よりアイコンタクト・ロボットの開発や、IoTプロダクトの制作など人と人とのインタラクションに着目した作品を展開。最近は、イベントやショールームにおける展示物の企画・制作を担当し、プログラミングやハードウェアを駆使した表現を展開している。また、FIGLABではロボットやセンサーデバイスを活用した新たなテクノロジー表現について模索している。


杉山 諒(株式会社アマナデザイン/プロデューサー・プランニングディレクター)
デザインやアートの思考を用いて、企業のブランディングや、新規事業開発など、さまざまなプロジェクトを担当。テクノロジーを軸に、ビジュアル表現の可能性を拡張するプロトタイピング・ラボラトリー「FIGLAB」にも所属。

〔企画〕FIGLAB(アマナデザイン)
ILLUSTRATION by Tomoyuki Yanagawa [TOP]
Updates
  • 会場 は amana square に変更されました。 Orig#452114 2019-07-09 09:50:05
More updates
Wed Jul 10, 2019
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
amana square
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
東京都品川区東品川2-2-43 Japan
Organizer
H(エイチ)
1,220 Followers