スタートアップワールドカップ2020【九州ロードショー無料観戦チケット】福岡県飯塚市で開催!

Description

今年で4回目の開催、スタートアップワールドカップ 。東京予選出場者が決まるその瞬間を、みんなで目の当たりにしよう!

九州ロードショーは、2019年10月5日(土)に開催決定!!!

日本の技術力・ビジネス力で世界をリードしたい。そんな熱い思いを持った選りすぐりのスタートアップが東京予選進出の座を競う「スタートアップワールドカップ2020九州ロードショー」に参加してみんなを応援しよう!

【スタートアップワールドカップとは】
スタートアップワールドカップは、シリコンバレーを拠点とするグローバルベンチャーキャピタルであるPegasus Tech Venturesが主催するグローバルピッチコンテスト・カンファレンスです。世界40以上の国と地域で予選が行われ、地域予選で優勝する企業は、2020年6月にサンフランシスコで開催される決勝大会で、優勝投資賞金約1億円と世界チャンピオンの称号をかけて競います。第1回大会である2017年大会では、ロボットやIoT技術を活用した園児の見守りサービスなどを手掛ける日本代表のユニファ株式会社が、第2回大会である2018年大会では、免疫システムを監視するデバイスにより、癌の早期発見を可能にしたマサチューセッツ工科大学発のLeuko Labs、そして第3回大会である2019年大会では、物流最適化システムを開発するベトナムのAbivinが見事世界チャンピオンに輝きました。詳しくはこちら

【スタートアップワールドカップ 九州ロードショー】
各国の予選は、政府機関や現地に根付いたイベントとのタイアップで、合計およそ10万人の聴衆が参加すると見込んでおります。日本では、東京地域予選の前哨戦として、福岡県飯塚市の協力のもと「九州ロードショー」を開催いたします。プログラム前半では、日本のイノベーション業界の著名人を招き、基調講演、パネルディスカッション等を行なっていただきます。彼ら自身の体験談、イノベーションに関する考え方など、貴重な話を聴くことができます。プログラム後半のピッチコンテストでは、 書類選考で選ばれたファイナリスト10社が日本語でピッチを行い、上位2社は東京予選への出場権とメンタープログラムを獲得します。日本をはじめ世界各国の最先端技術に触れ、イノベーション創出のヒントを得られるまたとない機会。ぜひみなさま、奮ってご参加ください!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【九州ロードショーの詳細】
日時:2019年10月5日(土)
会場:嘉穂劇場
住所:福岡県飯塚市飯塚5−23
主催:Pegasus Tech Ventures
お問合せ先:unno@pegasusventures.com(担当:海野)

九州ロードショー公式ホームページはこちら
スタートアップ専用 九州ロードショーへの応募はこちら。(応募は締め切りました。)
東京予選公式ホームページはこちら
東京予選チケットサイトはこちら
大阪予選公式ホームページはこちら







△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

Pegasus Tech Venturesについて】
Pegasusは米国シリコンバレーに本社を構え、世界30社以上の大手企業からLP出資を受け入れており、これまでに米国、日本、東南アジアを中心に150社以上のスタートアップに投資を実施しているベンチャーキャピタルです。日本では、ZUU、ジーニー、マネーフォワード、エボラブルアジア、メタップス、ディー・エル・イーといった既に上場した企業のほか、テラモーターズ、ユニファ、モンスターラボ、スターフェスティバル 、Life is Tech、エディジーン、FiNC等への投資を行っており、これら投資先の海外展開支援を手掛けた実績を有します。詳細については、こちらをご覧ください。

【過去の決勝大会の様子】


【第3回大会(2019年) Abivin(ベトナム代表)授賞式の様子】


【マルセロ・クラウレ氏(ソフトバンクCOO)特別対談の様子】


【スティーブ・ウォズニアック氏(アップル共同創業者)特別対談の様子】


【ジョン・チェンバース氏(シスコシステムズ元CEO)特別対談の様子】

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#471232 2019-09-10 22:29:36
More updates