第一回SDGs検定 東京会場

Description

今を生きるものとして「地球の未来」、「次世代」に対する責任を持ち、
ビジネスや日常生活において、SDGsの目標に貢献するためのツール

  SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。SDGs(Sustainable Development Goals:SDGs)は、17のゴールと169のターゲットから構成され、誰一人取り残さないことを掲げた世界共通の目標です。  SDGsは、近年急速に広がってきており、2019年以降、共通の目標として世界を突き動かすことは間違いないと言われています。SDGsは国家政府や自治体だけが達成するものではありません。17のゴールの中には「食品廃棄を半減させる」や「育児や介護、家事という家庭内の無報酬労働を評価し責任を分担する」など日常生活にかかわる身近な目標も含まれています。SDGs検定は、SDGsの基本的な理解、世界で起こっている課題やその取組に関する幅広い知識の習得を目指す検定です。SDGsが必要とされてきた背景、なぜSDGsを達成しないといけないのか、そして誰がどのようにSDGsに取り組んでいくのかを、このSDGs検定の受検を契機に考えて行きましょう。


受験要項
●お申込内容
受験費用 5,400円(税込)
試験場所 東京会場  大手町スペースパートナー
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
合否発表 ご登録いただいたメールアドレス宛てにてご連絡します。
※結果に対する異議申し立てには応じられませんのでご了承ください。



試験当日について
●時間 
10:00 集合
10:15 説明・配付
10:30 試験開始

●持ち物
受験登録証(QRコード)
筆記用具(シャーペン、鉛筆、消しゴム等。ボールペン不可)
身分証明書(写真付)

●試験内容
時間 90分間
合格 満点の70%
問題 マークシート形式

出題問題について
●出題範囲 SDGsについての知識と、それを理解した上で応用力を問います。

●出題傾向
SDGsとは/SDGs採択までの歴史や現在の動向/SDGsの内容(17のゴールや169のターゲットなどに関する事項)/世界の課題を知る/環境問題のみならず、世界の貧困・飢餓・福祉などの課題をSDGsの17のゴールと関連させて出題/誰がSDGsに取り組むのか/SDGsのゴールを誰がどのように取り組んでいくのかについて、SDGsの基本的理解をしたうえで、応用力を試す

●参考図書
『SDGsビジネス戦略 企業と社会が共発展を遂げるための指南書』 (ピーターD.ピーダーセン、竹林征雄大編著 日刊工業新聞社)


SDGs検定お問い合わせ
主催 一般社団法人SDGs推進士業協会 


受験上の注意
◆試験後の氏名/生年月日/住所の変更登録はできません。◆試験問題はすべて回収します。試験会場から持ち出しはできません。◆受験者の回答は一切開示しません。また、試験問題の内容や採点・合否に関する質問は一切お答えできません。◆自然災害等で試験時間の変更や中止となる場合があります。◆集合時間に遅れたり、試験会場を間違えますと受験できません。◆説明開始後に退室すると再入室はできません(トイレ退室を含む)。◆説明開始後の飲食は禁止です。◆試験施行が中止の場合を除き、いかなる理由でも受験料の返金や次回への振り替えはできません。◆会場によっては時計がない場合があります。受験時に使用できる時計は、原則として腕時計に限ります。◆次に該当する行為をした受験者は、その場で失格とし、直ちに退場していただきます。/試験官の指示に従わない/試験中に援助を与える、または受ける/他の人の代わりに受験する/携帯電話やスマートフォンなど情報通信機器を利用する/録音機、カメラ、辞書を利用する/その他の不正行為



Sun Oct 20, 2019
9:30 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
大手町スペースパートナー
Tickets
受験登録費 ¥5,400
受験登録費(団体割引き) ¥4,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 19, 2019.

Venue Address
東京都千代田区神田錦町2丁目11番地7 Japan
Organizer
SDGs検定
35 Followers