Event is FINISHED

WHAT’S NEXT? -新食視点-

Description
「昆虫をもっとおいしく食べるには?」

現状では珍しい一分野の域を出ていない昆虫食ですが、社会の中で関心が高まりつつある今だからこそ、【5年先の未来 =「虫は食べられる」が認知された社会】より先の【10,20年先の未来 = 「虫をより美味しく、より適切に食べる」を考える社会】のレストランを会場に再現します。

今回は、特製の昆虫食プレートをご用意いたします。

昆虫食を中心とした地球の恵みを探究するレストラン「ANTCICADA」が、コオロギラーメンを筆頭に、虫の奥深さを感じられる4種類の虫料理、虫を使ったスイーツやドリンクを用意。さらには、昆虫食メディア「bugology」プロデュースの下、それらの昆虫料理に合わせて製作したプレートやコップなど、料理を取り囲むプロダクト群とともに、「ひとつの体験」として、ご提供いたします。

昆虫食というひとつの素材を通じた「食」の拡張への挑戦。
新鮮な発見と喜びをお楽しみいただけたら幸いです。


《イベント詳細》

日時:2019年7月7日(日)
1回転目:12時開場 12時30分~14時
2回転目:17時開場 17時30分~19時

会場:100BANCH 1階 LAND
(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1)

会費:4000円

人数:1回16人(達し次第締め切ります)


《タイムスケジュール》

①はじめに、挨拶(10分)
②虫料理プレート提供(30分)

・コオロギラーメン
・3種の虫料理
・虫スイーツ
・2種のドリンク

③トーク「篠原祐太×高橋祐亮×高本夏実」(20分)
・昆虫食の現状
・本企画の製作秘話
・昆虫食のこれからの可能性

④プロダクトの紹介、交流会(30分)
・ANTCICADA展示(実際に試食・試飲いただけます)
 ・コオロギ醤油の紹介
 ・タガメジンの紹介
 ・魅力のある昆虫の紹介
 ・参加者同士の交流


《プロフィール》

ANTCICADA(アントシカダ)
地球を愛し、地球を探究し続けるチーム。「地球少年」篠原祐太、「シェフ」関根賢人、「発酵家」山口歩夢、「酒道家」大高尚人の4人が意気投合し、2019年4月に発足。豊かな生き物たちをつぶさに観察し、時に捕まえ、試行錯誤し、食を通じて探究、表現し続ける。
https://antcicada.com

篠原祐太 / Yuta Shinohara
ANTCICADA代表。1994年、地球生まれ。慶應義塾大学卒。昆虫食歴20年。現在は、数千匹の生き物と同棲し、昆虫料理の開発、ワークショップ、記事執筆、講演と、多岐に活動。食材として昆虫の可能性を追求。中でも「コオロギラーメン」は大反響、国内外多数で完売を続ける。
https://twitter.com/earthboy64

bugology
2013 年、 国連FAOから、将来到来する食糧難に対する施策として「昆虫食」を推進する報告書が発表。以降、体系化されないまま乱立・増殖する「昆虫食」についての情報を、中立的にアーカイブ・発信していくことで、「昆虫食」を食文化のひとつのニュースタンダードとして確立し、「人類が昆虫を食材として受け入れ、グルメとして享受する日常」の到来を加速させるWEB メディア。(準備中)

高橋 祐亮
bugology代表。1992年、仙台市生まれ。デザイナー。慶應大学SFCで食用昆虫の飼育のためのプロダクトをデザインし、東京藝術大学大学院でも制作を継続。現在は建築設計事務所を中心に活動。昆虫食を「未来の一般食」にするため、日々さまざまなアプローチをしている。

高本夏実
1994年京都府生まれ。東京藝術大学美術研究科デザイン専攻在籍。自然に内在する普遍の価値を主軸に、感情喚起的なツールとしての家具の在り方を模索。アートとデザインの垣根を超えたシームレスなデザインアプローチを自身のスタンスとし、マテリアル単位でのデザイン研究を行う。
http://www.comotoand.com/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#450878 2019-07-05 13:31:32
Sun Jul 7, 2019
12:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
1回目(12時開場)参加チケット SOLD OUT ¥4,000
2回目(17時開場)参加チケッt SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
渋谷区渋谷3丁目27−1 Japan
Organizer
100BANCH 7/6~7/14 2周年 #ナナナナ祭
2,289 Followers