Event is FINISHED

「2019夏 与野党激突!」第二部 中島岳志×望月衣塑子「安倍政権を再考する」

Description
満員御礼、大盛況でした。ありがとうございました!

夏の参院選が始まりました。6年半に及ぶ安倍政権を再考する時です。安倍外交や憲法改正、消費税増税に加え、年金問題が再び争点に浮上してきました。朝日新聞の言論サイト「論座」はこの選挙に向けてパネルディスカッション「2019年夏 与野党激突!」を開催します。こちらは第二部の案内です。

第二部 安倍政権を再考する

◆パネリスト
中島 岳志(東工大教授)
近代における日本とアジアの関わりを研究し、『中村屋のボース』で大仏次郎論壇賞、アジア太平洋賞大賞受賞。与野党の政治家と幅広い交流があり、政治問題について数多くのメディアで発信。論座で執筆中

望月 衣塑子(東京新聞記者)
社会部でモリカケ疑惑や武器輸出などを取材。官房長官の記者会見での質問で注目を集める。著書に「武器輸出と日本企業」「新聞記者」等

司会/鮫島 浩(朝日新聞記者)
政治部デスク、特別報道部デスクなどを歴任。2013年度新聞協会賞受賞。現在は論座編集部で中島氏らを担当
https://youtu.be/b2v_qZyrIOI
◆日時・会場
7月7日(日)14時~16時(13時半開場)
朝日新聞東京本社 本館2階読者ホール(地下鉄大江戸線築地市場駅すぐ上)
中島教授が「論座」で連載した「自民党を読む」に加筆した新刊『自民党 価値とリスクのマトリクス』(スタンド・ブックス)を会場で販売します。

◆チケット代・定員
チケット代2000円、定員160人(残りわずか!)

◆第一部
第一部は同じ日の11時~13時です。テーマは「野党はどう闘うべきか」。パネリストは中島岳志教授と東京都世田谷区長の保坂展人さんです。第一部と第二部は完全入れ替え制で、別々のチケットの購入が必要です。第一部の申し込みはこちらをクリック
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#451374 2019-07-08 01:34:03
More updates
Sun Jul 7, 2019
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
朝日新聞東京本社読者ホール
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都中央区築地5-3-2 Japan
Organizer
朝日新聞「論座」編集部
533 Followers
Attendees
160