Bean to Bar チョコレートの科学と理論

Description
世界のチョコレート研究の第一人者である広島大学名誉教授・工学博士の佐藤清隆先生をお迎えして、Bean to Barで必要となるカカオ豆の発酵と乾燥、ロースト、摩砕、コンチング、テンパリング、モールディング、冷却、熟成、ブルーム防止などのさまざまな知識を理論的に学ぶことのできる特別クラスです。
チョコレートメーカーなど、専門家の方からチョコレートに関心のある方まで、幅広くご参加いただけます。


《開催日時》
2019年7月20日(土)16:30-19:30 (所用時間 約2時間30分)
*直接、Bean To Bar Lab(ファクトリー&カフェ蔵前 右隣) にお越しください。5分前よりご案内させていただきます。

《参加費》
1名 13,889円(税別)

《クラス内容》
1)チョコレートビジネスの最近の傾向
2)クラフトチョコレートで生じる諸問題
・チョコレートのおいしさを決める要因は?
・なぜチョコレートは体に良いのか?
・カカオ豆の最適な発酵条件は?
・カカオ豆のローストで注意するべきことは?
・カカオ豆の摩砕でどこまで粒子は細かくなるのか?
・砂糖粒子はチョコレートリカーの粘度と結晶化にどのように影響するか?
・ココアバターを追油するべきか?
・コンチングはどのくらいするべきか?
・テンパリングで失敗しないためには?
・チョコレートの冷却時に注意するべきことは?
・ファットブルーム・シュガーブルームを防止するには?
・ガナッシュ作りの秘訣は?

《プロフィール》
講師:広島大学 名誉教授 工学博士 佐藤 清隆 先生
広島大学名誉教授。工学博士。専門は食品物理学で、食品油脂の物理学的な研究における世界的権威。アメリカ油化学会「Stephane S. Chang賞」、世界油脂会議「H. P. Kaufmann Memorial Lecture賞」、等を受賞。著著書には『チョコレートの散歩道』(エレガントライフ 2013年)、『脂質の機能性と構造・物性』(共著,丸善出版,2011)、『カカオとチョコレートのサイエンス・ロマンー神の食べ物の不思議』(古谷野哲夫氏と共著、幸書房 2013年)、『脂質の機能性と構造・物性ー分子からマスカラ・チョコレートまでー』(上野聡氏と共著、丸善出版 2011年)など。

《よくある質問》
・年齢制限はありますか?
年齢制限はございませんが、大人(18歳以上)を対象としたクラスとなっております。

・クラスは開催されますか?
当日より3日前までに一定の人数に満たない場合、残念ながら中止または延期となります。
せっかく予定を立ててくださったのに、申し訳ございません。
中止の場合は、3日前にメールにてご連絡いたします。
ワークショップが開講されなかった場合は、返金のご案内をさせていただきます。

・キャンセルをしたいのですが...
お申込み後にpeatix上でお客さまがキャンセルすることはできません。
チケットキャンセルご希望の場合は、直接ダンデライオン・チョコレート・ジャパンへお問い合わせください。開催日当日より3日前までは、キャンセル料はかかりませんが、開催日当日より2日前からはキャンセル料として参加料の100%を申し受けます。
注)Peatixのシステム上、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。
・クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
・コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合

《お問い合わせ》
e-mail:event@dandelionchocolate.jp
Tel:03-5833-7271(受付時間:平日10:00-17:00)


Sat Jul 20, 2019
4:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ダンデライオン・チョコレート Bean to Bar Lab 蔵前
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥15,000
Venue Address
東京都台東区蔵前4-14-5 土橋ビル1F Japan
Organizer
ダンデライオン・チョコレート
3,404 Followers
Attendees
12