Event is FINISHED

子どもの主体性を育む「フィンランドの子育て」を語る、パネルディスカッションイベント

Description

”子どもの主体性”を育む「フィンランドの保育」を語る、パネルディスカッションイベント


国連の幸福度調査で2年連続世界一の座についたフィンランド。
幸せの秘訣について、世界の研究者は、この国の子どもたちに注目しています。

キーワードは、「遊び」を取り入れた保育。

実は、フィンランドの保育には、日本でも注目され、実践されている「子どもの主体性」を育むヒントがたくさん隠されています。
「主体性」とは、自分で考え、自分で決めて行動できる力のことです。

パネラーには、フィンランドの保育士資格を持ち、自身も2児の母でもある現地在住のジャーナリストの靴家さちこ子氏と、九州ルーテル学院大学准教授で、フィンランドの保育・幼児教育に注目する三井真紀氏をお招きします。

各者の視点を手掛かりに、子どもの力を伸ばすにはどうしたらよいか、両国の実践体験を踏まえて学びのポイントを考えます。
参加者の皆さんと、話し、見つけ出すflying seedsのトークイベントに、ようこそ。


【こんな方にオススメ】
・子どもの教育や保育に関心をお持ちの方
・フィンランドに興味をお持ちの方
・子育てまっただ中の方
...etc


【イベント詳細】
▶︎日時(予定):
① 6月21日(金)18:40受付開始/19:00スタート〜21:00終了/21:30まで懇親会
② 7月6日 (土)13:40受付開始/14:00スタート〜16:00終了/16:30まで懇親会

▶︎場所:
みんなの会議室 品川
〒1080074 東京都 港区 高輪 3-24-18 高輪エンパイヤビル 地下1階

▶︎定員:各30名

▶︎参加費:2,000円

▶︎チケット:
事前に必ずチケットをお申し込みください
*参加費は会場にてお支払いください

▶︎タイムスケジュール:
―開始挨拶
―フィンランド保育の現場から
―パネルディスカッション
―質疑応答
―懇親会
―閉場


▶︎登壇:
〇靴家さちこ

米国系企業、ノキア・ジャパンを経て 2004年よりフィンランド在住。2児の子育てを経験しながら現地の保育士の資格を取得し、翻訳、通訳、視察コーディネートを手がける。フィンランドから教育、社会福祉やライフスタイルに関する記事を『クーヨン』『FQ』『ハフポスト』などの雑誌やウェブメディアに多数寄稿。共著に『住んでみてわかった本当のフィンランド』『お手本の国のウソ』(新潮新書)など。


〇三井真紀

九州ルーテル学院大学こども専攻准教授。専門は、保育・幼児教育学。フィンランドの保育・教育を通して、日本の子育て文化が豊かに展開するカリキュラムを研究中。大学では保育者の卵たちに教鞭をとる。「フィンランドの保育と共生の原理-幸せの国の子育てをみつめて」(2018/原著)、「保育・幼児教育のフロンティア」(2018/共著)など。


▶︎モデレーター:
〇狩野真依子

新卒で株式会社リクルートに入社。VCを経て、現在はパラレルワーカーとして、人事組織課題のコンサルティング、コーチング、各種ワークショップの開催などを行う。合同会社Lifestocks代表。幼少時代に外国暮らしを経験し、現在2歳児の子育て真っ最中。


▶︎主催:
Tricircle Inc.

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#436302 2019-05-21 04:40:01
More updates
Fri Jun 21, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
都内某所
Tickets
6月21日(金)申し込みチケット FULL
7月6日(土)申し込みチケット FULL
Venue Address
東京都港区高輪3-24-18 Japan
Organizer
flying seeds
89 Followers
Attendees
57