Event is FINISHED

≪説明会≫フェローシップ・プログラム選考説明会「文科省就職ではなく、フェロー (教員)経験からこそ得られたもの」

Description
「社会経験がない」ことに不安を抱え、新卒で教師を目指すことを悩んでいる学生さんや、若手社会人の方いらっしゃいませんか?

Teach For Japanでは、「教室から世界を変える」というスローガンを掲げ、独自の選考・研修を通過した方が全国の公立小中学校に赴任し、2年間教師として働く、フェローシップ・プログラムを運営しています。

今回は、新卒で教師(フェロー)になった、平山が登壇します。
一度は文部科学省を目指し、教員養成課程ではなく九州大学教育学部を専攻するも、フェロー(教師)への挑戦にシフトチェンジした平山から、そのキャリアを選んだ経緯、新卒でフェローとして赴任した2年間の葛藤、そこで得たかけがえのない経験など、プログラム実践者の立場からお伝えします!


【内容】
<第1部:プログラム概要の説明>
フェローシップ・プログラムの概要をご説明します。
「自治体連携、選考、研修、支援」という2年間の流れと、実際の実践や、参加者のキャリアパスなどをご紹介。

▼登壇者プロフィール
小林大介(TFJ選考・研修マネージャー)
静岡大学を卒業後、青年海外協力隊として中米エルサルバドルに赴任。主に算数教育の水準向上プロジェクトに携わる。帰国後は一般企業での勤務を経て、神奈川県の公立小学校教諭を8年勤めた。2019年よりTeach For Japan選考研修マネージャー。『学び合い』神奈川の会代表。


<第2部:プログラム参加者の実践>
このプログラムをどのように活用したのか、どんな人におすすめのプログラムか等々、実践者の立場からお伝えします。

▼登壇者プロフィール
平山美沙季(TFJ選考・支援担当/3期フェロー)*オンライン登壇

高校在学中に「ゆとり教育」に対する批判をきっかけに教育政策に興味を持つ。専門的に教育学を学ぶために教員養成課程のない大学に進学。在学中に当時のLearning For Allに出会い、「周囲を巻き込みながら現場から社会を変える」という団体のビジョンに共感し福岡市の学習支援事業の立ち上げに関わる。九州大学教育学部卒業後、Teach For Japanの第3期フェローとして北九州の小学校に赴任。フェロー1年目に通信教育で小学校一種免許状を取得。プログラム後は北九州で1年、福岡市で1年、公立小学校の講師として勤務。4月よりTeach For Japanの職員としてフェロー支援の担当になる。


■日時:2019年6月7日(金)19:30~21:00(開場 19:15)

■対象:フェローシップ・プログラムの応募に興味がある方

■実施方法:オフィスとオンラインで同時に開催します。
※オフィスは、限定15名となりますのでお早めにお申込みください。

・オフィス会場
Teach For Japan 東京オフィス
https://teachforjapan.org/organization/

都営三田線御成門駅A4出口より徒歩3分
都営浅草線・大江戸線大門駅A5出口より徒歩10分
JR・銀座線・都営浅草線新橋駅より徒歩10分

・オンライン参加者リンク
https://zoom.us/j/2875583655

■当日の内容:
Teach For Japan 及びフェローシップ・プログラムの説明
フェロー経験者の経験談シェア
参加の皆さんとの意見交換や質疑応答など
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#441520 2019-06-07 06:59:27
More updates
Fri Jun 7, 2019
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Teach For Japan 東京オフィス
Tickets
チケット FULL
Venue Address
東京都港区新橋6-18-3 中村ビル4階 Japan
Organizer
認定NPO法人Teach For Japan
2,933 Followers

[PR] Recommended information