Event is FINISHED

Phoenix Fire (Open Rehearsal) フェニックス・ファイアー (オープンリハーサル)

Description
n culmination of our week long artist residency at Ryogoku Bear, Theatre Nohgaku is opening the doors for two work-in-progress showings of pieces in development.
両国BEARでの1週間にわたる創作研修の有終の美を飾るべく、「シアター能楽」が制作中の2作品のリハーサルを一般公開いいたします。

Doors will open at 3:30pm and the showing will begin at 4:00pm. Following the showings there will be a short Q&A with the performers.
午後3時30分開場、午後4時から公演です。公演後、出演者との質疑応答の時間があります。

On June 9th we will give the first look at TN’s newest noh Phoenix Fire. Written and composed by Kevin Salfen with direction by long-time TN collaborator Akira Matsui and John Oglevee. Phoenix
6月9日は「シアター能楽」の最新作「フェニックス・ファイアー」の初公演となります。この作品はケビン・サルフェンによる脚本、作曲、そして「シアター能楽」の長年にわたり協力いただいている松井彬先生とジョン・オグルビーによる演出です。

Phoenix Fire was written in honor of the 2020 Summer Olympics in Tokyo and it celebrates Japan’s history with the games through an examination of an imagined meeting between acclaimed Japanese filmmaker, and director of the documentary about the Tokyo's 1964 Olympic Games, Kon Ichikawa and Jigoro Kano. Jigoro Kano is the legendary founder of judo and passionate advocate for the cancelled 1940 Tokyo Olympic Games.
「フェニックス・ファイアー」は2020年の夏季東京オリンピックを記念して書かれ、1964年東京オリンピックのドキュメンタリーを制作した著名映画監督市川崑と、伝説的柔道の創始者で、1940年幻の東京オリンピックの情熱的推進者であった嘉納治五郎との架空の対面を通して、日本のオリンピックの歴史を讃える作品です。
Updates
  • The event description was updated. Diff#435536 2019-05-18 05:25:46
More updates
Sun Jun 9, 2019
4:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
General Admission FULL
Venue Address
1 Chome-18-1 Kamezawa, Sumida City Japan
Organizer
Theatre Nohgaku
30 Followers