Event is FINISHED

言葉が必要な私たちのための「メモ書きとちゃぶ台返し」ナイト 〜「女性らしく」から「わたしらしく」へ〜

Description
性別で役割を固定する社会構造を変えるためには言葉が必要です。でも、女性はなかなか思いを言葉にしてきませんでした。
そんな女性のための「メモ書きとちゃぶ台返し」ナイト を開催します^_^
表参道のウィメンズプラザで、ちゃぶ台とお菓子を用意してお待ちしています。

今のあなたは、「ありたい」自分ですか?時にモヤモヤした思いがよぎるのは、気のせい?それとも、自分が至らないせいなのでしょうか?きっと違います。

職場、地域コミュニティ、家庭、パートナーシップの中で感じるモヤモヤした思い。それは女性だからかもしれません。自分だけで飲み込まないで、伝える言葉にしてみませんか。

言葉にしてこなかったモヤモヤには、自分の中でいつの間にか構築されてきた「ねばならぬ」「〜べき」がひそんでいるのでは?メモ書きワークは、それがあなたのせいではないことに気づかせてくれるでしょう。

メモ書きワークで思いがクリアになったら、メッセージにしてちゃぶ台を返しましょう。最後は、ワークショップで饒舌になった仲間との茶話会です。思いを声に出して人に伝えると、明日からの行動にきっと繋がります!

<ワークショップ概要>
◆日時◇◆  2019年6月21日(金) 18:30 〜21:00 
◆場所◇◆  東京ウィメンズプラザ 第2会議室(東京・表参道より徒歩3分)

◆参加費◇◆ 500円 ちゃぶじょオリジナルメモ書きツール付き (当日会場でお支払いください)  
◆定員◇◆    20名 お申込先着順
     
◆当日プログラム◇◆ 
   18:30〜20:00  メモ書きワークショップ         
   20:00〜20:30  ちゃぶ台返し
   20:30〜21:00  茶話会

◆備考◇◆
  対象:  どなたでも
  持ち物: 筆記用具

◆読んで来てくださるとよい本:
「私たちには言葉が必要だ フェミニストは黙らない」イ・ミンギョン著 すんみ・小山内園子訳 タバブックス

ちゃぶ台を返した後は、お菓子を食べながら日頃のモヤモヤする思いとアクション!を共有しましょう♪

<ひとこと>
本イベントの「ちゃぶ台」は、「固定的な性別役割」を象徴するものとして登場します。
これを一度ひっくり返してみよう!というイベントです。

<モヤモヤの例>
これまでのちゃぶ台返しで上がった”もやもや”の具体的事例アレコレ^_^

・育休明けで時短勤務になり、給与が今までの半減なのに仕事は多く、社内では時短の文句を言われたりするようになりモヤモヤする

・育児・家事がワンオペで仕事を続ける自信がなくなってきてモヤモヤ

・育休明けから管理職業務からはずされてモヤモヤ

・セクハラっぽいことが会社にあるけど言いにくくてモヤモヤ

・実家に帰ると「結婚まだなの?」と言われるので実家に帰省するのが億劫になりモヤモヤ

・電車の中吊りの広告で女性に固定的な美を求めることにモヤモヤ

共感する方、もっと違ったモヤモヤがある方、金曜日の夜は一緒にちゃぶ台をひっくり返しましょう^_^

<開催趣旨
「ちゃぶ台返し女子アクション」メンバーが”声をあげて世界を変えよう!”という継続的なアクションのイベントとして企画しました。

家事、育児、仕事など、たくさんの役割を抱え、どんなに大変でも、「協力して」という提案や交渉をするより、自分が我慢すれば良いと思っている女性。

これまで声に出して言って来たつもりでも、「論理的じゃない」、「愚痴ばかり」、「問題の本質は何?」と一蹴されて自信をなくしてしまった。

そんなことはありませんか?

私たちは、目の前の家族や会社に文句を言いたいわけではないのに。ただ、社会の中の何かや考え方を、ほんの少し変えることができたら、女性にとって生きやすく、世の中がもっと上手く回ると信じている。
ただ、それだけなのに。

自分の「思いを整理」し、「声をあげ」、伝えるべきところへ「しっかりと届ける」こと
それが、生き辛さを軽減し、自分らしく生きる社会実現の最初の一歩であると私たちは考えます。

このワークショップで、私たちと一緒に自分の気持ちを整理してみませんか。そして、整理された思いが力を持ち、発信することによって何かが変わるところを見てみましょう。

ワークショップ後、ここで得たスキルを使えば、何かを変えることができます!
その成功体験をシェアすることによって、他のたくさんの女性達を元気にしていきましょう。

女性が、思っていることを声に出せたら、
社会から「男らしさ」を求められている男性だって自分らしく生きられるようになるはず。

ちゃぶ台返し女子アクションは、女性だけではなく、
これからの「人の生き方」を変え、文化をも変えていく力になると信じています。
そんなワクワクを共有するために、是非このワークショップに参加してください。
ご参加を心よりお待ちしております 。


<ちゃぶ台返し女子アクションとは?>

女性が家庭や職場で生き辛さを抱える状態を変えたくて集まった女性達です。
- 家事や育児のために外へ出ることを我慢せざるを得ない。
- 一旦家庭に入った後は、職を探しても、なかなか雇ってもらえない。
- 頑張って働いても、仕事の時間を制限する必要がある。
- 結果として、女性の経済力は上がらず、発言力がない。

こんな思いを持つ私たちは、性別の役割分業を強いる社会構造を少しでも変えたい、と活動を始めました。誰かが声を出すことで、同じ思いを持つ誰かが救われたり、元気になったりする筈だと考えています。今回のワークショップを通して、自分の行動や回りの世界が少しでも変わった!という皆さんの経験をシェアしながら、女性をとりまく環境を変えていきましょう。

<なりわいプロジェクトとは?>

今回、ちゃぶ台返しを共催するのは、NPOなりわいプロジェクト。さまざまな「なりわい」のカタチから、仕事と生活のありようを考えるプロジェクト。最近は「なりわいエンパワメント」をキーワードに、女性たちのエンパワメント、異なるドメイン同士の出会いとつながりの機会や体験の場創出、地域活性など次代につながる活動に向き合っています。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#440622 2019-06-05 01:24:18
More updates
Fri Jun 21, 2019
6:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ウィメンズプラザ
Tickets
ちゃぶ台返しNight FULL
Venue Address
渋谷区神宮前5丁目53−67 Japan
Organizer
ちゃぶ台返し女子アクション
318 Followers
Attendees
15