Event is FINISHED

【限定50名の朝活!】あたらしい読書vol.2 トークライブ『光本勇介×佐渡島庸平 ×箕輪厚介』 有隣堂×幻冬舎×箕輪編集室

Description

【あたらしい読書 vol.2】


三つの『至高』の『思考』が、集結....


革命児たちの、クローズドな朝活
『あたらしい読書 』は、

『思考』する朝

『あたらしい読書』体験から、あなたの生活に、一歩先の思考を


第2回の今回は......

『仮説思考』
×
『実験思考』
×
『革命思考』


クリエイターの未来に光を当て、進化し続ける編集者、『ぼくらの仮説が世界をつくる』仮説思考コルク 佐渡島康平さん」と、
数々のビジネス実験で日本を驚愕の渦に巻き込み、さらには原価で本を発売、『実験思考』バンク 光本勇介さん」と、
出版界の革命児、その活動は編集者の域をはるかに超える革命思考「幻冬舎 箕輪厚介」の三つの『思考』の対談実現!


革命的思考を持つ三人が見る『あたらしい読書』の形とは....?



双方向的、読書イベント第二回、
開・幕‼︎


=====

あたらしい読書とは?


読書を『読む』から『体験』へ
より濃い読書体験を...



歴史深き老舗書店
×
時代を熱くさせる出版社
×
最先端を突っ走るオンラインサロン


ありえない組み合わせが実現!


【有隣堂】×【幻冬舎】×【箕輪編集室】

がコラボして、『あたらしい読書』の形を探り、提案します!


今や、ビジネスマンにとって本を読むことは必須なこと。
しかし、忙しい毎日、先延ばしにしたり、読めたとしてもあまり知識として残せなかったり......
その読書を、より短い時間で、より濃いものに出来たなら、と考えたことはありませんか?

そこで提案するのが『あたらしい読書』

読書を一方方向のインプットの『読む』から、双方向の『体験』として一冊の本から得られるものをより濃いものにする提案です。


東京ミッドタウン日比谷に誕生した小さな街のような複合型店舗「HIBIYA CENTRAL MARKET」。
この場所を舞台に、有隣堂×幻冬舎×箕輪編集室のコラボレーションで、「本」をテーマにした新しいイベントをお届けします。

「新しい読書」と銘打ったこのイベントは、「本」が単なる情報のインプットだけでなく“体験”価値へシフトしてきています。

・著者や編集者のトーク
・読書会
・朗読会
・著者との交流会 など
「本」を通じた新しい“読書体験”がHIBIYA CENTRAL MARKETで始まります。


イベントの企画は箕輪編集室。時代の最先端に身を置くメンバーが作り出すイベントの体験をぜひ楽しんでください

=====================================================

イベント詳細


▼日時
2019年5月16日(木)
 ※限定50名 応募締め切り - チケットがなくなり次第受付終了
OPEN - 8:30
START - 8:45
CLOSE - 10:00
 ※開催時間は朝です。ご注意ください

▼定員
50名様


▼場所
HIBIYA CENTRAL MARKET
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷3階


▼ゲスト紹介

◆佐渡島庸平 ((株)コルク代表取締役会長)
2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

コルク・佐渡島庸平のブログ https://sadycork.tumblr.com

◆光本勇介((株)バンク 代表取締役兼CEO)
2008年、最短2分でオンラインストアを作れるサービス『STORES.jp』等を運営する株式会社ブラケットを創業、2013年にZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイへ売却。その後スタートトゥデイ社に対しMBOを実施、同月、ブラケット社取締役会長に就任。2017年2月株式会社バンク創業、2017年6月に目の前のアイテムを瞬間的にキャッシュに変えられるアプリ『CASH』をリリース。2017年10月に株式会社バンクをDMM.comへ売却。2018年6月にあと払い専門の旅行代理店アプリ『TRAVEL Now(トラベルナウ)』をリリース。2018年11月にDMM.com社に対しMBOを実施し、現在に至る。

光本勇介 Webサイト https://yusuke.tokyo/

◆箕輪厚介(幻冬舎)
1985年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2010年双葉社に入社。ネオヒルズとのタイアップ企画『ネオヒルズジャパン』を創刊し3万部を完売。その後も、『たった一人の熱狂』(著)見城徹/『逆転の仕事論』(著)堀江貴文などの編集を手がける。
2015年幻冬舎に入社後、NewsPicksと新たな書籍レーベル「NewsPicksBook」を立ち上げ、『多動力』(著)堀江貴文 /『メモの魔力』(著)前田裕二 /『日本再興戦略』(著)落合陽一など、編集書籍は次々とベストセラーに。2018年8月、自身の著書『死ぬこと以外かすり傷』を発売。

一方で、自身のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰、メンバーは1,000名を超える。「スッキリ」「ビートたけしのTVタックル」「5時に夢中!」などのテレビ出演多数。2019年4月デビューの新人アーティスト箕輪★狂介のプロデュースも行う。
他にも、株式会社エクソダス取締役、CAMPFIRE COMMUNITY チェアマンなど、活動は多岐にわたる。


▼主催
有隣堂
幻冬舎
箕輪編集室

◆有隣堂
HIBIYA CENTRAL MARKETは、クリエイティブディレクター南貴之と老舗書店の「有隣堂」が出会って生まれた、小さな街のような複合型店舗。
食事や酒、本や衣服などが揃えられ、誰もが郷愁や親近感を抱き、居場所を見つけられるように編集されている。
見知らぬ土地で市場を訪れると、その地で生きる人々の日常を覗き見するようでワクワクする。
売り手と買い手が出会う場所、「マーケット」。食事をしたり、買い物をしたり、ただ行き交う人を眺めているだけでも良い。
南貴之が、世界中で拾い集めたそんな「市場」や「街角」、「路地」の記憶を、
237坪のフロアで表現した

<HIBIYA CENTRAL MARKET>
https://hibiya-central-market.jp

◆幻冬舎
1993年設立。総合出版社として単行本、文庫、新書、コミックス、雑誌など全ジャンルを刊行。なかでも売れ筋は箕輪厚介が率いる「NEWSPICKS BOOK」シリーズ。

<幻冬舎>
https://www.gentosha.co.jp/

◆箕輪編集室
『多動力』堀江貴文『お金2.0』佐藤航陽などを手がけた幻冬舎の編集者 箕輪厚介が主宰するオンラインサロン。豪華ゲストの定例会やイベントを楽しむのもよし、ライター / 映像 / デザイン / PR/イベントでアウトプットするのもよし、みの邸や地方チームで仲間を見つけるのもよし。アップデートし続けるコミュニティ。

<箕輪編集室>
https://minowanowa.com/
https://camp-fire.jp/projects/view/34264
Thu May 16, 2019
8:45 AM - 10:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(コーヒーorチャイ 1杯つき) SOLD OUT ¥1,200
Venue Address
千代田区有楽町1丁目1−2 東京ミッドタウン日比谷3F Japan
Organizer
HIBIYA CENTRAL MARKET
102 Followers