Event is FINISHED

考古学・文化財のためのデータサイエンス・サロン #01

Description

考古学・文化財のためのデータサイエンス・サロン
普及・一般化が進む3D計測をはじめ、発掘調査から資料分析、報告書作成、収蔵管理、普及公開など多岐にわたる考古学・文化財関連の情報処理・データサイエンスに関連する情報、事例を共有し、また技術習得のためのハンズオン・ワークショップを行ないます。

当面は、重点テーマとして「考古学・文化財・博物館のための3D計測」を取り上げ、計測・記録から公開、利活用まで、機器・技術・手法の紹介、実践例、課題共有と検討を進めます。

一般公開で開催します。参加資格は問いません。専門家・学生以外のご参加も歓迎します。
なお第1回はJSPS科研費(17K03232)により開催します。

第1回プログラム

会場 TKP神田ビジネスセンター7F C701
14:00 開場、趣旨説明
14:10~ 話題提供1「埋蔵文化財調査における写真計測(SfM/MVS)の活用 ~初級者が思ったこと・感じたこと~」轟 直行(八千代市教育委員会)
14:40~ 話題提供2「石器の3D計測、成果の公開・共有を目指して」野口 淳(NPO南アジア文化遺産センター/奈良文化財研究所客員研究員)
15:10~ 話題提供3「埋蔵文化財・史跡整備における3Dの活用と公開について」仲林篤史(東大阪市教育委員会)
16:00~ 質疑応答・意見交換 コメンテーター・千葉史氏((株)ラング)

参加費無料、要事前申し込み(本ページよりお願いします) ※会場スペースの都合上、当日飛び込み参加はお受けいたしかねる場合があります。

Skype聴講

当日、各発表および質疑応答・意見交換にSkypeを通じてご参加いただけます。回線負荷を考慮して、事前にお申込みいただいた方のみをグループ通話に招待いたします。基本的に発表スライドの画面共有と、音声通話のみとなります。なお通信品質については保証いたしかねますので、あらかじめご了承ください。聴講は無料ですが、通信費は参加者においてご負担ください。

情報交換会
17:30より会場周辺にて開催予定です。会場、参加費は人数確定次第お知らせいたします。

お子様連れ参加
歓迎です。発表中も会場内にお連れいただいて構いません。ただし大変恐縮なのですが会場ビルには、授乳室、オムツ替えスペースがありません。予めご承知おきください(今後は会場選定の際に考慮します)

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#437136 2019-05-23 10:44:20
More updates
Sat May 25, 2019
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
会場参加 FULL
Skype聴講 FULL
情報交換会 FULL
Venue Address
千代田区神田美土代町3−2 神田アベビル3~8F Japan
Organizer
3DLM(3D石器科研)
115 Followers