Event is FINISHED

庄野雄治短編集『たとえ、ずっと、平行だとしても』刊行イベント

Description
---------

BOOKLABTOKYOでは「マイクロオーナー制度」を立ち上げ、お店づくりに関わることができる取り組みを行う傍ら、「つくる人を応援する書店」という原点に回帰し、読者×著者×空間が織りなす「まったく新しい読書体験」の創造に挑戦しています。

---------

今回のゲストは、

コーヒー焙煎人の 庄野 雄治(しょうの ゆうじ)さん。

徳島のコーヒー焙煎所aalto coffee(アアルトコーヒー)の庄野雄治さんが、
日々焙煎する傍ら机に向かい書き上げた、10篇の美しい物語からなる初の短編小説集です。

東京を拠点とする音楽レーベル〈de.te.ri.ra.tion〉(デテリオレーション)
書籍レーベル〈Deterio Liber〉(デテリオリベル)を立ち上げ、今回がその第一弾。

音楽レーベルから小説を出したらおもしろいのではないかという
庄野さんご本人たっての希望により、今回の出版に至ったそう。

なぜコーヒー焙煎人が小説を書くのか?

「ジャンルレスに見える生き方」をじっくり語っていただきます。


*aalto coffee(アアルトコーヒー)
イベント終了後、
庄野さんご本人にその場で淹れていただき珈琲をお飲みいただけます。(料金別途)
本と珈琲、ぜひご一緒にお楽しみください。


■ゲスト

---庄野 雄治(しょうの ゆうじ)

コーヒー焙煎人。1969年徳島県生まれ。大学卒業後、旅行会社に勤務。2004年に5キロの焙煎機を購入しコーヒーの焙煎を始める。
2006年徳島市内に「aalto coffee(アアルトコーヒー)」を、2014年同じく徳島市内に「14g」を開店。
著書に『コーヒーの絵本』(平澤まりことの共著/ミルブックス)、『はじめてのコーヒー』(堀内隆志との共著/ミルブックス)、
『たぶん彼女は豆を挽く』『誰もいない場所を探している』『徳島のほんと』(福岡晃子との共著)、編書に『コーヒーと小説』『コーヒーと随筆』(ミルブックス)がある。
本好きが高じ、自分の友人知人の才能を紹介したいと冊子『Hemisphere』を発刊、現在4号まで発売中。
都内にて赤川次郎の読書会などコーヒーを交えたイベントに多数参加するほか、「14g」では音楽イベントやギャラリー展示も行ない、
好きなものを軸にしつつも枠にとらわれない活動は多岐にわたる。


---カワイ アミ

Deterio Liber/de.te.ri.o.ra.tionスタッフ。本作の編集者、広報、営業とマルチに活躍中。音楽部門ではA&R、広報を務めるほか、自身もPRINCE GRAVES名義で音楽活動を行っている。

■日程
2019年5月11日(土)

■参加費
1. 早割チケット 500円
2.一般参加チケット 1,000円
3. 書籍付きチケット 2,300円
※当日書籍ご購入の方にサインしていただけます。

■タイムテーブル
13:30 開場
14:00 開演
15:15~ 珈琲&サイン会

■会場
BOOK LAB TOKYO
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目10−7 新大宗ビル1号館

■主催
BOOK LAB TOKYO

■お問い合わせ
▽イベントに関して
BOOK LAB TOKYO
050-1744-9496

▽チケットシステムに関して(領収書発行など)
https://help.peatix.com

※諸注意※
イベントの様子を撮影し、当店のHPやSNSに掲載する場合がございます。
お客様が映り込む場合がございます。あらかじめご了承ください。
(映り込みたくないという方は遠慮なくお申し付けください)
Sat May 11, 2019
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
BOOK LAB TOKYO
Tickets
早割チケット SOLD OUT ¥500
一般参加チケット SOLD OUT ¥1,000
一般参加チケット(『たとえ、ずっと、平行だとしても』書籍付き) SOLD OUT ¥2,300
Venue Address
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館 2F Japan
Organizer
BOOK LAB TOKYO
2,363 Followers