Event is FINISHED

山本貴光×塚本昌則 「これからの文学問題」 ~『文学との訣別』刊行記念イベント~

Description

山本貴光×塚本昌則 「これからの文学問題」~『文学との訣別』刊行記念イベント~


 神楽坂モノガタリ「夜の大學」と題して、人文学の様々な領域から研究者の方々をお招きしてお話を伺うシリーズ。第4回のゲストとして、山本貴光さんと塚本昌則さんをお招きします。

 いま、文学はどんな状況にあるでしょうか。出版各社から続々と力のこもった文学全集が刊行され、人びとから教養として求められていた黄金時代は遠くなりました。現在では、インターネットを舞台とした動画やゲームをはじめとする多様なコンテンツのなかに埋もれつつあるようにも見えます。また、大学における文学部の低迷もささやかれる昨今、これからの文学はどのようになっていくのでしょうか。

 このたび水声社から刊行されたウィリアム・マルクスの『文学との訣別』(塚本昌則訳)は、こうした状況を考える上で大きな手がかりとなる本です。著者は、18世紀のフランスで栄光の絶頂を迎えていたヨーロッパの文学が、20世紀にかけてどのように力を失い、凋落の途を辿ったのかを描き出しています。社会と文化の動きを背景として、作家たちは、批評家たちは、そして作品は、どのように世界と向き合ったのか。マルクスは、同書でこの問題に光を当て、時代とともに変わりゆく「文学」の見取り図を示しながらその力学を読み解いてみせます。

 この刊行記念イベントでは、本書の訳者でフランス文学研究者の塚本昌則さんと、『文学問題(F+f)+』の著者で現在、『文藝』で文芸季評を担当している山本貴光さんをゲストにお迎えして、『文学との訣別』を繙きながら対談していただきます。

 文学とはなにか、これからどうなってゆくのか。文学の来し方行く末を考えるこの機会に、ぜひお運びください。


【ゲスト紹介】

山本貴光(やまもと・たかみつ)
1971年生まれ。文筆家、ゲーム作家。著書に『文体の科学』(新潮社、2014年)、『「百学連環」を読む』(三省堂、2016年)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房、2017年)、『投壜通信』(本の雑誌社、2018年)など。


塚本昌則(つかもと・まさのり)
1959年生まれ。東京大学教授。専攻、フランス近代文学。著書に、『目覚めたまま見る夢』(岩波書店、2019年)、訳書に、シャモワゾー『カリブ海偽典』(紀伊国屋書店、2010年)など。


【書籍紹介】


『文学との訣別――近代文学はいかにして死んだのか』
ウィリアム・マルクス著/塚本昌則訳
四六判上製344頁
4000円+税
ISBN 978-4-8010-0395-8

【会場・日時】

場所:神楽坂モノガタリ 東京都新宿区神楽坂6-43 K’s Place 2F
日時:2019年4月19日(金)
  (18:30開場)19:00~: 2100
参加費:一般:2,000円(1 drink付)

    学生:1,000円(1 drink付)*要学生証
Fri Apr 19, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般(ご着席・1drink付) SOLD OUT ¥2,000
学生(ご着席・1drink付)*要学生証 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
新宿区神楽坂6丁目43 K’sPlace 2F Japan
Organizer
神楽坂モノガタリ・イベント部 "Asyl de Kagurazaka" 
1,973 Followers