Event is FINISHED

ポジデビ・アプローチ共同研究会2019

Description
東京大学大学院医学系研究科 - 国際地域保健学教室・PD Japan共催
ポジデビ・アプローチ共同研究会2019

2019年5月12日(日) 11:00追記
----------
PD Japanからの参加お申し込み分は、満席となりました。
キャンセル待ち・追加席を検討しましたが、今回は難しい状況ですので、次回イベントにご期待ください。
----------

こちらは、PD Japanからの参加のお申し込み先となります。
東京大学大学院医学系研究科 - 国際地域保健学教室のご所属・関連の方々向けには、別途にご案内と参加枠がありますので、そちらからのお申し込みをお願いいたします。

【開催概要】
ポジデビ(PD: Positive Deviance・ポジティブデビアンス)・アプローチの日本での実践者・研究者が集まる共同研究会を開催します。
この共同研究会では、東京大学大学院医学系研究科 - 国際地域保健学教室とPD Japanのここまでの活動を通じて得られた知見や事例を、ミニ・ワークショップなどを通じて共有します。

この共同研究会に参加して、共有された知見や事例をご自身の研究や課題解決に役立てては、いかがでしょうか?

※注記
逐次通訳を予定していますが、ワークショップのグループによっては、英語での進行となる場合もありますので、ご承知おきください。
また、ポジデビ・アプローチに馴染み無い方は、当日の研究会の効果を高めるために、下記資料を事前にお読みいただくことを推奨いたします。
Positive Deviance Wisdom Series(日/英両方あり)
https://positivedeviance.org/publications


【日時・場所】
日時:2019年5月20日(月曜日)13:00-16:30
場所:東京大学 本郷キャンパス 医学図書館3階会議室
会場への入館には特に身分証明書の提示や手続きなどは必要ありませんので、直接会場までお越しください。


【アジェンダ】
12:30-13:00 参加受付
13:00-14:30 パート-1:東京大学 医学部・医学系研究科 国際地域保健学教室からの共有や対話
14:30-14:45 休憩
14:45-16:15 パート-2:PD Japanからの共有や対話
16:15-16:30 ハーベスティング
16:30-17:00 片付け

【参加料】
東京大学 医学部・医学系研究科 国際地域保健学教室のご厚意により、無料での開催です。


【お申込期限】
5/15(水) 11:55amとなっています。

なお、お申込みは先着順となり、満席(チケット完売)となった場合には、キャンセル待ちのお申し込み(こちらも先着順)を設定いたします。また、事前にお申し込みのない当日参加はお控えください。


【開催者(共催)】
東京大学大学院医学系研究科 - 国際地域保健学教室
PD Japan
(Facebookページ・https://www.facebook.com/PositiveDevianceJapan/)


○ポジティブデビアンス(「ポジデビ」と省略されるケースもある・PD: Positive Deviance)とは・・・

どのような地域や組織にも、他の隣人たちと同じような問題や困難を抱えていて、しかも他より資源を多く持っているわけでもないのに、「他とは違っためずらしい行動ややり方」をすることで、他よりも上手に問題を解決している個人やグループがわずかながらいます。PDの概念は、こうした事実に着目しています。そして、地域や個人が自分たちでこの「他と違うめずらしい行動ややり方」を見つけ出し、それらを地域内の他の人たちに普及し、その結果を評価します。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#433523 2019-05-12 02:08:01
More updates
Mon May 20, 2019
1:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
5/20(月) 13:00-16:30 参加チケット(無料) FULL
Venue Address
文京区本郷7丁目3−1 Japan
Organizer
ポジティブデビアンス(Positive Deviance)
160 Followers