Event is FINISHED

出版記念トーク『現代写真アート原論』をめぐって

Description
開催日時:4/7(日) 18:00〜20:00 受付時間:17:30〜
出演者:後藤繁雄、港千尋、深川雅文 会場:銀座ソニーパーク B3
参加費:無料

誰もがスマートフォンで日常的に簡単に撮影でき、それを加工し、インスタグラムをはじめとするSNSで世界中に発信できる──写真がデジタル化し遍在化した時代において「コンテンポラリーアートとしての写真」の可能性はどこにあるのでしょうか。そんな問いについて議論し、現代アートとしての写真の新しい「原論」を提示する『現代写真アート原論』の刊行を記念して、編者である後藤繁雄さん、港千尋さん、深川雅文さんによるトークイベントを開催します。TOKYO ART BOOK FAIRに並ぶたくさんの写真集やアートブックを見る際のヒントにもなる、「現代写真アート」の世界の方向づけについて語られます。


<登壇者プロフィール>

後藤繁雄(ごとう・しげお)
編集者、クリエイティブディレクター、アートプロデューサー。京都造形芸術大学教授。1954年大阪府生まれ。坂本龍一、細野晴臣、篠山紀信、荒木経惟、蜷川実花、名和晃平らのアーティストブック、写真集を編集。展覧会のキュレイション、若手アーティストの発掘・育成・サポート、アートスタッフの育成などにも力を入れ、幅広く活躍している。


港千尋(みなと・ちひろ)
写真家、映像人類学者。多摩美術大学教授。1960年神奈川県生まれ。南米滞在後、パリを拠点に写真家として活躍。1995年より多摩美術大学美術学部で教鞭をとり、現在は同大学情報デザイン学科教授。2006年〈市民の色〉で伊奈信男賞受賞。2007年第52回ヴェネツィア・ビエンナーレ美術展における日本館の展示企画コミッショナーをつとめる。



深川雅文(ふかがわ・まさふみ)
キュレーター、クリティック。1958年佐賀県生まれ。川崎市市民ミュージアム学芸員として、写真、デザイン、現代美術に関する展覧会の企画に携わる。代表的展覧会「バウハウス 芸術教育の革命と実験」(1994)、「遠近 ベッヒャーの地平」(1997)「生きるアート 折元立身」展(2016)など。現在、フリーのキュレーター、クリティックとして活動。

<書籍情報>
現代写真アート原論
「コンテンポラリーアートとしての写真」の進化形へ
後藤繁雄、港千尋、深川雅文=編
定価:2000円+税/248ページ/四六判変形・並製
http://filmart.co.jp/books/ composite_art/contemporary_ photo_art/


インスタグラムの時代の現代写真アートとは何か?
デジタル化以降、「真」を写す=写真という従来の概念が大きな変化を見せるいま、現代アートとしての写真の新しい「原論」を提示する。

銀板を用いた撮影法により写真が誕生してから180年──いまや誰もがスマートフォンで日常的に簡単に「撮影」でき、それを加工し、インスタグラムをはじめとするSNSで世界中に発信でき、インターネット上には無数の写真データが存在する時代となった。デジタル化し遍在化した「写真」には大きなパラダイムシフトが起こっている。
グローバル資本主義のなかで流動化するコンテンポラリーアートの世界でも、「写真アート」は存在感を増し、一点数億円で落札されるプリントからインスタレーションやプロジェクション、ポストメディウムの作家まで、新しく多様な才能が活躍している。コンピュータ・サイエンスやネット・テクノロジーの大きな変化に晒される社会で、いかに一枚の写真がアートとしての価値を生成するのか──本書は「現代写真アート」の世界をめぐる羅針盤となるだろう。
写真そのもののメディアとしての起源を問い、写真の概念の再定義を試みるとともに、現代アートとしての写真の可能性を問う、待望の一冊。









Sun Apr 7, 2019
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット / Ticket FULL
Venue Address
中央区銀座3 Unnamed Road, 5丁目-3 Japan
Organizer
TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition
122 Followers