Event is FINISHED

【特別ワークショップ】AI業界のパイオニアSingularityNETによる AI × ブロックチェーン ワークショップ | Blockchain EXE Code #8

Description

日本語サポートあり!English explanation is below.

人工知能ロボット『ソフィア』をはじめ、多くのAIプロジェクトで世界から注目を集めるSingularityNETのCEO Dr. Ben Goertzel氏をはじめ、豪華メンバーが来日し、ハンズオンワークショップを開催します!
さらにイベントの最後にはスペシャルディスカッションを行います!

統計的なアプローチが主流となっているディープラーニングやマシーンラーニング領域ですが、SingularityNETのメンバーはバイオをはじめ、非常に多様なアプローチで全能知能の研究を行なっています。

この貴重な機会を是非お見逃しなく!

SingularityNETとは?
SingularityNETは、 ブロックチェーンによる分散プロトコルを活用したAIアルゴリズム/サービスのグローバルネットワークを構築し、 AIの透明性やオープンプラットフォーム化を目指しているプロジェクトです。
GAFAMを筆頭に巨大IT企業へのデータの寡占化がイノベーシ ョンの促進を止めているという批判がある中、 SinguLarityNETは『AIの民主化』 をビジョンに掲げ、世界から注目を集めています。

この実践講座では …
・エンジニアが作ったAIモデル/ サービスやデータをSingularNET. ioのAIマーケットプレイスに統合し、 世界中のユーザーが無料/ 有料でそれらを使用できる仕組みについて学びます。

定員:70名(事前にチケット要申込)

※事前お申込み無く当日会場に来られてもご入場できません。ご了承ください。
※タイトル・内容・スピーカーは予定です。予告なく変更になる可能性があります。

  1. 18:30 - 19:00;受付
  2. 19:00 ~ :ワークショップ「The SingularityNET AI-Blockchain Developer Workshop 」
  3. 22:00 - 22:30 「パネルディスカション:AI、ブロックチェーンはどこに向かうのか?」
    Dr. Ben Goertzel CEO & Chief Scientist at SinguralityNET, Atsushi Ishii CEO at Couger, Ryota Kanai CEO at Araya
  4. 22:30 - 23:00 懇談会

<基本情報>

日時: 2019年4月4日(木)19:00〜23:00 ※ 入場受付時間18:30〜19:30
場所: BINARYSTAR株式会社 中央区銀座1丁目8-19キラリトギンザ11F
参加費:¥1000 (学生無料:※受付にて学生証のご提示をお願いします)
受付:受付で名刺を2枚ご提示ください。1枚は頂戴し、1枚はネームホルダーにセット致します。名刺をご持参されない場合、お名前の確認できるものをご提示ください。
※日本語サポートあり

最寄駅
東京メトロ:「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩1分、「京橋駅」2番出口より徒歩2分、「銀座駅」A13番出口より徒歩5分。
JR:「有楽町駅」京橋口より徒歩5分

<対象>

・エンジニア:NLP/ニューラルネットなど何かしらのAIコードの開発経験。※ブロックチェーンのスマートコントラクト実装経験は必ずしも必要としません。


<必要ツール/環境>
事前準備
- Docker CE
- Git
- MetaMask

ハードウェアスペック:
1 Gb free RAM to run docker image
4 Gb free disk space to keep docker image
=====
事前にdocker imageをダウンロードしておくことをお勧めします。
設定チュートリアル : https://dev.singularitynet.io/workshops/docker-snet/
[0] Dockerとgitをインストール
[1] git clone https://github.com/singnet/wiki をターミナルで実行
[2] cd wiki/workshop/docker ディレクトリを移動
[3] docker build -t singnet . Dockerが動いていることを確認して、左のコマンドを実行(5分ほど時間がかかります)
[4] ./run.sh で singnet@540fe7b6faa7:~/src/github.com/singnet$ のようなものが表示されれば成功
=====

「Blockchain EXE(ブロックチェーン エグゼ)」は、あらゆる産業に広く応用が期待されるブロックチェーンに関して、動作原理・基礎・応用・最新技術など、技術面の共有に重きを置いた、エンジニア及び技術に興味を持つ人達のコミュニティです。そのコミュニティの中核となる、技術セッションを中心としたミートアップを定期的に開催しています。


<スピーカー・モデレーター紹介>

Dr. Ben Goertzel, PhD
SingularityNETのCEOであり、Hanson Roboticsのチーフサイエンティストです。また人工知能情報学会、OpenCog財団、分散型AIアライアンスおよび非営利団体の未来Humanity+の会長でもあります。Goertzel氏は、人間を超えた全能知能を生み出すことを目的とした、AGI(Artificial General Intelligence)の世界でも有数の権威です。
また、自然言語処理やデータマイニングからロボット工学、ビデオゲーム、国家安全保障、バイオインフォマティクスに至るまで、AIの社会実装を何十年も進めています。さらに20冊の科学書と140冊以上の科学研究論文を発表しており、OpenCogシステムの主なアーキテクチャーやデザイン設計を行なっております。

イーロン・マスク氏なども出演しているポッドキャストでの対談
https://www.youtube.com/watch?v=-qfB8clUIaY


Leung Man Hin
Leung Man Hin氏は2014年からOpenCogのチャットボットスクリプティングおよびロボット制御サブシステムであるGHOSTを介した自然言語の理解と生成の開発に焦点を当て、AIの研究開発を行ってきました。Leung氏は、香港理工大学でコンピュータサイエンスのCachelorsを取得しており、人間の精神がどのように機能するのか疑問にもち、近い将来にAGIが誕生することを期待しています。


Ralf Mayet
Ralf Mayet氏は研究者、エンジニアそしてロボット学者です。彼の情熱は科学と技術を美しく、そして身近にすることです。 グラーツ工科大学およびイスタンブール技術校でコンピューターサイエンスの学位を取得し、現在は香港に在住しています。 彼の現在の焦点は、群ロボット、自己制御システム、そして創発的知能の研究の背景において、相互作用と遊びを通して人間の認識と言語を探求することです。 OpenCog財団で、統計学と記号推論の相乗効果について研究を行なっています。 さらに、Hanson Roboticsで、感情表現、認知への認識と行動の統合、および感覚運動反射のためのディープニューラルネットワークに取り組んでいます。


Zar Goertzel
Zar Goertzel氏は、Czech Institute of Informatics, Robotics and Cybernetics(CIIRC)のAI4REASONグループのメンバーです。 彼の修士論文は、プロトタイプ提供ネットワーク、AIがサポートする物々交換ネットワークです。博士課程の研究は、自動定理証明器の推論ガイダンスと数学的概念学習に関するものです。 また、メリーランド大学カレッジパーク校で日本語の学位を取得しています。

石井 敦 Atsushi Ishii | クーガー CEO
IBMを経て、楽天やインフォシークの大規模検索エンジン開発。日本・米国・韓国を横断したオンラインゲーム開発プロジェクトの統括や進行。Amazon Robotics Challenge トップレベルのチームへの技術支援や共同開発。ホンダへのAIラーニングシミュレーター提供、NEDO次世代AIプロジェクトでのクラウドロボティクス開発統括などを行う。現在、AI x ロボティクス x IoT x ブロックチェーンによる応用開発を進めている。


金井 良太 Ryota Kanai | Araya CEO
京都大学生物物理学科卒業。オランダ・ユトレヒト大学で実験心理学PhD取得。カルフォルニア工科大学にて、下條信輔教授のもとで視覚経験と時間感覚の研究に従事。前英国サセックス大学 准教授(認知神経科学)。脳構造画像の解析において、世界的にリードしている。


石黒 一明 Kazuaki Ishiguro | Enterprise Ethereum Alliance - Regional Head
高校卒業後、映画監督を目指してロサンゼルスへ留学。大学へ通いながらLAのクラブやバーでDJを始め、ハリウッドのクラブでレギュラーDJとして本格的に活動。DJ活動の中で音楽・映像用のプログラム言語をライブで使用したのをキッカケにプログラミングを始める。
日本に帰国後、現在はクーガーのチーフブロックチェーンアーキテクトとしてコネクトームの開発を進めている。開発を担当したデモがトロントで開催されたEthereumの技術カンファレンスEdConのトップ10スーパーデモに選定される。2018年10月には米国スタンフォード大学にてコネクトームでの開発技術について講義を行った。
また、世界で最初のEnterprise Ethereum Alliance(EEA)の地域オフィスを設立し、EEAのRegional Headを務め、日本のエンタープライズのEthereum導入を支援している。


-----------------------
【English】
Gathered the world’s attention with Sophia and many other AI’s projects, representative of the SingularityNET Dr. Ben Goertzel will come to Japan for conducting a workshop for engineers!

In this practical course…
・You will learn about AI development/service, the data integration from the SingularNET.io AI to market and the mechanism of using it by others for free or paid.

Who should attend ?
AI developer ※having experience in blockchain based programing is a huge benefit, but not necessary.

What is SingularityNET?
SingularityNET is a project providing utilize AI algorithms for dispersed blockchain’s protocols, service and builds a global network of agents.
With criticism of that data’s oligopoly of a big corporation is stopping innovations, SinguLarityNET aim is democratizing access to AI technology.

Capacity:70 people(Request tickets in advance)
※Please note, that even if you come to the venue on that day, you can’t enter without prior application.
※The title, contents, speaker are submitted. Possible changes without notification.

Timeline
18:30 - 19:00「Registration」
19:00 「Workshop:The SingularityNET AI-Blockchain Developer Workshop 」
22:00 - 22:30 「Panel discussion:」
Dr. Ben Goertzel CEO & Chief Scientist at SinguralityNET, Atsushi Ishii CEO at Couger,
22:30 - 23:00 Round-table

<Basic information>
Date and time: 04/04/2019(Monday)19:00〜23:00 ※ Entry reception time 18:30〜19:30
Address: BINARYSTAR, Chuo-ku, Ginza 1 - chome 8 - 19 Chiraritoginsa, 11F
Entrance fee:¥1000 (Studnets is free. Please present your student ID card at the reception desk)
Reception:Please, show two two business cards on the reception. One will be taken, and another will be in name holder. If you will not bring a business card, show something for names checks.

Access:KiraritoGinza
Tokyo metro:from station Ginza 1-chome 9th exit 1 min walking、from station Kyobashi second exit 2 min walking、from Ginza station exit A13 5 min walking.
JR:from station Yurakucho Kyoubashi exit 5 min.

Blockchain EXE is a community of people, who interested in engineering technologies, focused on sharing technical aspects, operation principles, fundament, practical application, and the latest technology of widely used in all industries blockchain technologies. The core of the community is a regular meetup focused on technology sessions.

Speaker

Dr. Ben Goertzel is the CEO of the decentralized AI network SingularityNET, a blockchain-based AI platform company, and the Chief Scientist of Hanson Robotics. Dr. Goertzel also serves as Chairman of the Artificial General Intelligence Society, the OpenCog Foundation, the Decentralized AI Alliance and the futurist nonprofit Humanity+. Dr. Goertzel is one of the world’s foremost experts in Artificial General Intelligence, a subfield of AI oriented toward creating thinking machines with general cognitive capability at the human level and beyond. He also has decades of expertise applying AI to practical problems in areas ranging from natural language processing and data mining to robotics, video gaming, national security and bioinformatics. He has published 20 scientific books and 140+ scientific research papers, and is the main architect and designer of the OpenCog system and associated design for human-level general intelligence.


Leung Man Hin
Leung Man Hin has joined the OpenCog team and has been doing AI R&D since 2014 focusing on the development of natural language understanding and generation via GHOST, a chatbot scripting and robot control subsystem in OpenCog. Leung holds a Cachelors in Computer Science from the Hong Kong Polytechnic University and has always wondered how the human mind works and is hopeful to see the birth of AGI in the near future.


Ralf Mayet
Ralf Mayet is a researcher, engineer and roboticist. His passion is making science and technology beautiful and accessible. He holds a degree in Computer Science from University of Technology in Graz and Istanbul Teknik and currently lives in Hong Kong. With a research background in swarm robotics, self-regulating systems and emergent intelligence, his current focus is exploring human cognition and language through interaction and play. At the OpenCog foundation he explores the synergy of learned statistical representations and symbolic reasoning. Additionally, he works at Hanson Robotics on deep neural networks for emotional expression, the integration of perception and action into cognition, and sensorimotor reflexes.


Zar Goertzel
Zar Goertzel, M.Sc., is a member of the AI4REASON group at the Czech Institute of Informatics, Robotics and Cybernetics (CIIRC). His Master's Thesis was on prototyping offer networks, AI supported barter networks. His doctoral research is on inference guidance for automated theorem provers and mathematical concept learning. He also has a degree in Japanese from the the University of Maryland: College Park.


Atushi Ishii | Couger CEO
After being involved in the development of various services at IBM, he developed multiple large-scale search engines at Rakuten and Infoseek. He founded Couger and led the teams in Japan, US, and South Korea for developing multiple top-selling online games. He has also provided technical cooperation to one of the top teams for Amazon Robotics Challenge, provided AI learning simulator to Honda, and led the development of Cloud Robotics for a Japanese government-backed AI research project. He is currently leading the development of "Connectome" using AI x Robotics x IoT x Blockchain.



Ryota Kanai | Araya CEO
Graduated from Kyoto University biophysics department. Received Ph.D. in experimental psychology at Utrecht University, Netherlands. Was engaged into research of visual experience and sense of time under the guidance of Shinsuke Shimojo at the California Institute of Technology. The former associate professor at the University of Sussex, England (Cognitive Neuroscience). The world leader in brain structure image analysis.


Kazuaki Ishiguro, Lead Blockchain Engineer, Couger Inc.
After graduating from high school in Japan, Kazuaki went to university in Los Angeles and started his career as a DJ and started programming when he created music and video contents for live music. He later went back to Japan and worked as a software developer at CTI-startup. He self-taught the development of blockchain. At Couger, he currently leads the blockchain development of “Connectome” and has given a speech at Blockchain EXE’s event and Ethereum’s global conference, EdCon. He is also a contributor of Vyper, BigchainDB. Currently he is assigned to Regional Head of Enterprise Ethereum Alliance (EEA).

<Blockchain EXEの様子>

Blockchain EXE Codeの様子

#13「ブロックチェーンが変革する広告、マーケティングの本質」会場:Yahoo! JAPAN「LODGE」


ConsenSys & Blockchain EXE「スマートホームとスマートコントラクトの現状と可能性」※ニューヨーク開催


Blockchain EXE and ConsenSys「ブロックチェーンとスマートシティ」※サンフランシスコ開催


Blockchain EXE Code(実際にコードを書く実践型EXE)会場:半蔵門LIFULL


Blockchain EXE Whitepaper(みんなで海外のホワイトペーパーを読む勉強会)会場:富士通ソリューションスクエア


Blockchain EXE Lite(通常のEXEよりライトな初心者向けセッション)会場:六本木 Speee

毎回、懇親会での交流がとても盛んです


<協力>

BINARYSTAR株式会社  ※場所提供
ブロックチェーン企業特化型コワーキングスペース


<主催責任者>

Blockchain EXE

 代表: 石井 敦
 副代表: 茂谷 保伯

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#423439 2019-04-04 06:12:09
More updates
Thu Apr 4, 2019
7:00 PM - 11:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
キラリトギンザ11F | BINARYSTAR
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,000
学生無料枠 FULL
Venue Address
中央区銀座1丁目8-19 Chūō-ku, Ginza, 1 Chome−8−19 Japan
Organizer
Blockchain EXE ブロックチェーン・エグゼ
1,995 Followers