Event is FINISHED

【Aプログラム】障がいを持つ子どもたちとダンス レクチャー&ディスカッション

Description


コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール in 東京 関連企画
ネットワーキングイベント2019
ボーダーを超える

会場:新宿NPO協働推進センター 501会議室


■4月27日(土)

A「ネットワーキング・ミーティング#1 障がいを持つ子どもたちとダンス」
 レクチャー&ディスカッション
 13:00〜15:30


第1部 はじめに:「コミュニティダンスについて」 稲田奈緒美 (舞踊評論)
    レクチャー&事例報告:「障害児入所施設の制度と現状」石川淳(社会福祉法人友愛学園 児童部 副施設長)
     「友愛学園でのワークショップ」中西麻友(NPO法人 芸術家と子どもたち 事務局長)

第2部 ディスカッション 「いろいろな特徴をもった子どもとダンスの化学反応」
    スピーカー:第一部のゲスト+新井英夫、北村成美、隅地茉歩、マニシア、アオキ裕キ


いろいろな特徴を持った子どもがダンスに触れることでどのような可能性が開けるのか? ゲストに障害児入所施設・友愛学園の石川氏と、NPO法人 芸術家と子どもたちの中西氏をお招きし、子供たちを支援する制度と現状についてお伺いした後、当施設で3年間行われているワークショップについてお話しいただきます。後半は、日本各地の特別支援学校、就労支援施設等でダンスのワークショップを行っている5名のアーティストの実例を参考にしながら、会場の皆さんも交えてディスカッションを行います。



石川淳 (社会福祉法人友愛学園 児童部 副施設長)

東京都出身。東京都青梅市に本部を置く、社会福祉法人友愛学園に勤務(12年目)。「障害のある人が安心して暮らすことができ、希望に満ちた生活ができるように、愛と信頼と行動で支援します。」を法人理念に児童から成人まで、8拠点の施設を運営。入職より、児童施設一筋で現在、副施設長と児童発達支援管理責任者を兼務。大人に向けてのステップを子ども自身が実感しながら成長できることをモットーに、子どもや保護者へより添うことを心がけています。


中西麻友 (NPO法人 芸術家と子どもたち 事務局長)

1980年大阪生まれ。成安造形大学デザイン科写真クラス卒業。
2006~08年大阪市内の小学校に教諭として勤めた後、1年半のイギリス留学を経て、2011年3月入局。2018年4月より現職。ワークショップ・コーディネーターとして、学校(特別支援学級含む)や幼稚園、保育園、児童養護施設、障害児入所施設等で、現代アーティストと子どもたちが出会う場づくりを行なっている。


稲田奈緒美(舞踊評論)

幼少よりバレエを習い様々なジャンルのダンスを経験する。早稲田大学第一文学部卒業後、働きながら趣味で踊っていたが、舞踊を研究した いと一念発起。早稲田大学大学院文学研究科修士課程、後期博士課程に進む。博士(文学)。現在はバレエ、コンテンポラリーダンス、舞踏、コ ミュニティダンスなど幅広いダンスの理論と実践を結ぶ研究、教育、評論に携わっている。桜美林大学芸術文化学群演劇・ダンス専修准教授。


■参加費
Aプログラム単発 一般 2500円  高校生以下、障がいのある方 500円
*27日A・B通しチケット(7000円)もあります。こちらからお申込ください→https://cdfs-27all.peatix.com/view




■主催:コミュニティダンス・アソシエーション・東京、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
■助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
■詳細:https://cdfs.hatenablog.com/
■問合 コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール事務局(藤井、神前)
Mail : cdfs.info@gmail.com
 



Sat Apr 27, 2019
1:00 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
新宿NPO協働推進センター 501会議室
Tickets
A【一般】「ネットワーキング・ミーティング#1」 SOLD OUT ¥2,500
A【高校生以下、障がいのある方】「ネットワーキング・ミーティング#1」 SOLD OUT ¥500
Venue Address
東京都新宿区高田馬場4丁目36-12 Japan
Organizer
コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール in 東京  ネットワーキングイベント2019「 ボーダーを超える」
30 Followers

[PR] Recommended information