Event is FINISHED

subaCO Meetup 渋谷区から「アート☓福祉」のイノベーションを考える会

Description

渋谷区から「アート☓福祉」のイノベーションを考える会を実施します。

このテーマに関連するゲストをお呼びし、活動を共有いただきながら、
後半にはどのような「アート☓福祉」がコラボレーションし、イノベーションを渋谷区から
起こしていくか対話をしていきます。

<ゲスト(五十音順)>

●片山幹健さん(東京急行電鉄株式会社 事業開発室 プロジェクト推進部 イノベーション推進課 ROADCASTプロジェクトリーダー)

社内ベンチャーの制度で、渋谷の落書き等に悩む壁面を一括でお借りし、街をまるごと活用したプロモーションやアート展を実施するメディア事業ROADCASTを2018年7月に立ち上げました。空いているスペースで新しい収益を生み出すことで、街が抱える課題を持続可能な形で解決する仕組みづくりを目指しています。

●西村佳子さん(CO-FUKU プリンシパル)

‟私らしく。あなたらしく。誰でも、おしゃれを楽しめる社会” の実現を目指し、2016 年、趣旨に賛同したアパレル出身の有志で活動体を立ち上げました。行政、企業、多様な人々と行うコミュニティ「コオフク塾」の企画・運営、「コオフク塾」で誕生したリデザインを用いた衣服の販売、社会実装の発展に努めています。2017年から、「コオフク塾inシブヤ」を実施、超福祉展、東京2020 渋谷区文化プログラム「MERRY SMILE SHIBUYA for 2020」で成果発表しています。

●森田ゆきさん(NPO法人代官山ひまわり代表理事、代官山コンシェルジュ事務局長、代官山グリーンバードサブリーダー、Clean & Art 運営メンバーなど)

渋谷区在住16年。二児の母。 大手メーカー、旅行会社、イベント会社にて勤務後、結婚を機に渋谷区民に。第一子出産後は盲導犬育成支援団体にて5年間、視覚に障がいのある方と盲導犬の直面する課題に向き合いました。第二子を出産後、「NPO法人代官山ひまわり」を設立。以降7年間、子育てと地域コミュニティーをつなげる新しいはたらき方を考えながら、現在170名のメンバーと活動を広げています。 社会課題の解決を目指して取り組むシブヤの多くのNPO法人や民間企業、市民団体と共に、より住みやすく愛着の湧くシブヤへ。森田ゆきは子育て世代を代表し、こうした多世代の活動と地域をつなげます。

<聞き手・進行> subaCO金曜コーデイネーター 加生健太朗

<流れ案>※変更になる可能性もあります。
・19:30-19:40:イントロダクション
・19:40-20:40:ゲストトーク
・20:50-21:30:アイデア出しワークショップ&懇親会


Fri Mar 8, 2019
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
subaco
Tickets
事前決済(1drink付き) SOLD OUT ¥1,500
当日現地決済(1drink付き) FULL
Venue Address
渋谷区神宮前6丁目31 Japan
Organizer
subaCO Meetup
538 Followers