Futurist Meetup 第11回『AgriTechベンチャー最新トレンド & ブートストラップ』

Description

高騰する野菜の価格。低い食料自給率と膨大な食品ロス。2020五輪に向けた食材調達基準「GAP」への対応の必要性。収穫量UPのための品種改良や肥料/農薬の開発。

私たちの空腹を満たし生活を支えてくれる農業や食料供給は今、解決すべき課題にあふれています。

これらの課題のソリューションとして、「植物工場」「農場モニタリングIoT」「ゲノム編集による品種改良」「生産者保証におけるブロックチェーン活用」など多数のベンチャーや研究成果が生まれてきています。

今回のFuturist Meetupでは農業に関するテクノロジーAgriTechの事例をご紹介しつつ、農業バリューチェーンに潜む課題を発掘し、解決策を話し合うブートストラップを開催します。

お酒と軽食を楽しみつつ、参加者の皆さんで自由闊達なディスカッションを楽しみましょう!

【こんな方におすすめ】
・起業家、起業を考えている方
・農学、園芸学、機械工学系の研究者
・投資家

【開催概要】
日 時:2019年3月27日(水) 19:30~21:30(受付19:00~)
場 所:デジタルゲートビル 9階(東京都渋谷区恵比寿南3-5-7)https://goo.gl/maps/Xuxqo4o6Sfy
定 員:30名 (予定)
参加費:無料
申込み:このpeatixよりお申込みください
持ち物:受付でお名刺を1枚頂戴いたします
主 催:株式会社デジタルガレージ、株式会社みらいワークス
※応募者多数の場合は抽選後、ご参加頂けない方のみ3月22日(金)までに個別にご連絡します。


【プログラム】
19:00~ 受付
19:30~ オープニング & 乾杯!
19:35~ 話題提供『国内外のAgriTechベンチャー紹介』
19:50~ 参加者自己紹介
20:00~ ワークショップ①『ビジネスチャンス発掘:既存農業に潜むペインは何か?』
20:30~ ワークショップ②『事業立案:ペインをどう解決するか?』
21:00~ 発表(各チーム1分)
21:05~ 懇親会
21:30  イベント終了
※内容は変更の可能性があります。ご了承ください。


【モデレーター】
橋本遥 / Haruka Hashimoto

DG LabにてBioHealth領域の新規事業開発を担当。研究型ベンチャーへの投資・育成を行うアクセラレータープログラム「Open Network Lab BioHealth」を統括。

小学生の頃から田植えを手伝い、自家栽培の野菜で育ったため、東京の野菜の高さには未だに慣れない。農学部に進学しそのまま農業女子になるかと思いきや、生命科学/合成生物学を専攻し、金属イオンをリサイクルできる遺伝子組み換え酵母の開発研究を行う。その後、大企業でのヘルスケア事業開発やバイオベンチャーでの事業開発を行うなど、一貫してライフサイエンスへの愛は止まらない。

京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 M.A.

Wed Mar 27, 2019
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
デジタルゲートビル 9階
Tickets
一般参加チケット
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 Japan
Organizer
みらいワークス広報
63 Followers